所沢市けやき台で瓦屋根をスーパーガルテクトへ葺き替え工事


所沢市けやき台で瓦屋根をスーパーガルテクトへ葺き替え工事。

こんにちは。
雨の日が長く続きましたが、これからはしばらくお天気は
安定してきそうですね。

本日は屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000000.jpg

既存屋根は瓦屋根です。
瓦屋根といえば、半永久的にメンテナンスがいらない
耐久性、遮音性に優れた日本の伝統的な屋根です。
ですが、メンテナンスしなくて大丈夫か・・・?と言えば
全くしなくていいというわけではないのです。
瓦の下に敷いてある、ルーフィングシートは瓦よりも
早い段階でメンテナンスが必要です。
最近では耐震対策で軽い屋根材を使用したいという方も
多く、瓦より軽量の屋根材を選ばれる方も多いです。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000001.jpg

今回はこちらの既存の瓦を全て撤去して新しい屋根材を
施工していく方法で行います。
瓦を一枚、一枚外していきます。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000002.jpg

だいぶ剥がれてきましたね。
瓦の下の木部の部分も全て撤去します。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000004.jpg

瓦を綺麗に全て撤去できました。
続いて、この上から野地板を張っていきます。
野地板は施工後は屋根基材の下になるので見えなくなって
しまいますが屋根の基板となり本体を支える重要な部分に
なるので、しっかりとした施工が必要です。
野地板のメンテナンスは屋根本体基材を撤去してる時にしか
行えないので、屋根葺き替えの際はしっかり野地板もメンテナンス
を行った方がいいです。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000005.jpg

野地板が出来上がってきました。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000006.jpg

続いて、ルーフィングシートの施工です。
防水シートの役割をするシートです。
このシートも雨をお家の中へ浸入させないようにしている
ものであり、屋根本体基材よりこのシートそのものがしっかり
施工されている事がとても重要であります。
日新工業の改質アスファルトルーフィング「カッパ」を
使用しております。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000008.JPG

続いて、スーパーガルテクトフッ素の施工に入ります。
スーパーガルテクトフッ素はアイジー工業社のガルバリウム
鋼板の屋根基材です。
スーパーガルテクトは遠赤外線を反射し屋根裏の温度上昇を
抑える遮熱性鉄板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を
発揮します。
他の金属屋根に比べ、相対的にメリットの多い屋根材に
なります。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000011.JPG

仕上がってきました。
あとは棟板金を取り付けて完成です。

20191026keyakidaisu-pa-garutecto000012.JPG

完成です。
スーパーガルテクトは日本瓦の約1/10の軽さで
とても軽量で耐震性にも優れていて、金属屋根なのに
サビにくく、トタン屋根の4倍も防錆性があります。
そして、芯材入りなので屋根の下に空間ができ辛いため
雨音もしにくい屋根になります。
品質保証も25年ほどあり、長期間に渡りメンテナンスも
不要なとても優れた屋根です。

瓦屋根からのリフォームにはガルバリウム鋼板製の屋根材も
とてもオススメです。
屋根リフォームをお考えの方、ガイソー所沢店へ
お気軽にご相談下さい。

gaiso.png

北所沢で屋根葺き替え工事でスーパーガルテクトの施工とモルタル補修工事を行いました


北所沢で屋根葺き替え工事でスーパーガルテクトの施工とモルタル補修工事を行いました。

こんにちは。今週も良いお天気でスタートです♪
この土・日もたくさんのお問い合わせをいただきまして
ありがとうございました!
順次、現調などの対応をさせていただいております。
よろしくお願いいたします。
本日も施工の方もたくさんの現場へお伺いさせて
いただきます。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日は屋根葺き替え工事の様子とモルタル補修
の様子をご紹介します。

20190603kitatokorozawayanekaba-000007.jpg

既存屋根は瓦屋根でした。
今回はそちらを全て撤去して葺き替え工事を
行います。
野地板は既存のままで使える状態でしたから
既存の野地板の上からルーフィングシートの
施工をしていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割をします。
屋根本体基材より流れ込んでくる雨水を屋内へ
浸入させないように防水シートがとても重要な
役割をして防いでいます。
ルーフィングシートの留め方などでも雨漏りを
引き起こす原因になったりもするので、留め方も
とても工夫が必要です。
粘着式のものもあるので、できれば粘着式の方が
より良い防水ができます。
日新工業株式会社の改質アスファルトルーフィング
カッパを使用します。

20190603kitatokorozawayanekaba-000006.jpg

続いて、本体基材を施工していきます。
今回はアイジー工業のスーパーガルテクト
を使用し、施工を行います。
スーパーガルテクトは遠赤外線を反射して
屋根裏の温度上昇を抑える遮熱性鉄板と
断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮する
ガルバリウム鋼板の屋根素材です。

20190603kitatokorozawayanekaba-000003.jpg

スーパーガルテクトは金属なのに錆びにくく
一般的なトタン屋根と比べて防錆性は4倍です。
そして、金属屋根なので瓦などに比べるととても
軽量で耐震性にも優れています。
そして芯材入りの屋根なので、金属屋根でも雨音が
しにくいのです。
そしてメーカー保証もとても長いので長期に渡り
メンテナンスも不要です。

20190603kitatokorozawayanekaba-000004.jpg


棟の部分は屋根の接合部分になりますので
隙間ができてしまいます。
そこから、雨水が中へ入り込まないように
棟を取り付けていきます。
棟は風の影響をとても受けやすい場所に
なるので、屋根の中では劣化が起きやすい
部分です。
台風の際に一番、破損が多いのも棟の部分です。
棟は定期的に調査をしていきましょう。

20190603kitatokorozawayanekaba-000008.jpg

そして、下屋根の既存瓦を撤去した際に
できてしまう空洞をモルタルで補修して
いきます。
どうしても瓦屋根の方が厚みが出るので
それを撤去して葺き替えると外壁に隙間ができて
しまいます。
まずはラス網を取り付けます。
ラス網はモルタルの剥落を防ぐために、
モルタル下地として取り付ける金網です。

20190603kitatokorozawayanekaba-000009.jpg

モルタルはセメントと砂に水を加えて練った
ものでできています。左官職人さんがコテを
使い、しっかりとモルタルを塗りこんでいき
ムラにならないように均一にモルタルを作ります。
モルタルは外壁だけでなく、床にも使用する
事もでき、用途は様々です。
最近はモダンなデザインで仕上げられる事もあり
オシャレなお家の外壁やお家の中の壁など
様々な所で使用される事が増えています。

しっかりモルタルを乾燥させて続いて塗装を
行っていきます。

gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店