狭山市の方へ!外壁のメンテナンスが必要な4つのサイン


こんにちは!

皆さんは「外壁のメンテナンスっていつごろ行えばいいんだろう?」と思うことはありませんか?今回は「こんな症状が現れたらメンテナンスを考えるべき」というサインをまとめてご紹介します。

外壁のメンテナンスの重要性

20200715_gaihekimenntenannsu01.jpg

雨風や地震、紫外線など、私たちが考えている以上に外壁は日々さまざまなダメージにさらされています。
外壁が劣化してしまうと防水性や遮熱性が損なわれるため、雨水が浸み込んでしまったり室内環境が悪くなったりすることも。快適な生活を送るためにも、外壁のメンテナンスは重要なものなのです。

メンテナンスが必要なサインは?

チョーキング

20200715_gaihekimenntenannsu02.jpg

外壁を指でなぞってみると、チョークを触ったときのように粉が手についてしまうことがあります。これをチョーキングと呼び、塗装が剥がれてしまっているサインとして考えられています。すぐに外壁の内部に影響があるわけではありませんが、業者の点検を受けたほうが安心です。

カビ・コケ・藻

20200715_gaihekimenntenannsu03.jpg

外壁塗装の耐久性がなくなってきたことで、細菌が繁殖してしまうことがあります。放置していると、これらが根を張ってさらに外壁を痛めてしまう可能性もあるため、注意が必要でしょう。また、見た目にも目立つ症状といえます。

クラック(ひび割れ)

20200715_gaihekimenntenannsu04.jpg

外壁にひび割れが入ってしまうことをクラックと呼んでいます。初期の症状として、塗料の表面に小さな亀裂が入ることから始まります。特に注意が必要なのは横に入ったひび割れです。そこから水が浸み込み内部を腐らせてしまうこともあります。

剥離

20200715_gaihekimenntenannsu05.jpg

塗装の膜がボロボロと剥離してしまう状態です。表面の塗装と下地の接着力が弱まってしまうことによって、塗装が剥がれていきます。建物の構造自体に影響を与えてしまう可能性があるため、早めにメンテナンスをしたほうが良いでしょう。

外壁でお困りのことは・・・


外壁のメンテナンスは10年に一度が目安といわれています。しかし、年数にかかわらず塗装が剥がれ落ちてしまったり、ひび割れができてしまった場合には、早めのメンテナンスをオススメします。

外壁のリフォームならガイソー所沢店にお任せください。お客様のご希望にあった施工をご提案させていただきます。無料でお見積もり、ご相談も受け付けております♪

所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!

gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店