ドーマーの機能やメリット、デメリットについて 所沢市


ドーマー メリット デメリット

こんにちは!
本日は洋風の家で見かける「ドーマー」についての説明です。
外観がオシャレな印象がありますが、機能やメリット・デメリットは
どのような点があるのでしょうか?

ドーマーの役割、メリットとは?

ドーマー 役割 メリット デメリット

まずはドーマーについて改めて確認していきましょう。
ドーマーは屋根裏、もしくはロフト等に光を取り入れるため
設置するということもありますが、
主な機能や役割としては下記のような点があります。

① 光を取り入れる(採光のため)
屋根の中央に取り付けますので室内に光を取り入れることができます。
ハイサイドライト、もしくは天窓と同様に採光の目的があります。

② 外観が良くなる
洋風の外観で全体的にオシャレな屋根になります。
屋根自体に重厚感や厚みが出ますので、雰囲気も良くなりますね。

③ 通気性を良くする
屋根裏は熱気がこもりやすく、湿度も高い傾向にありますので、
ドーマーが開閉できれば通気口になり、通気を良くすることができます。

ドーマーのデメリットとは?


屋根 ドーマー メリット デメリット
では、次にデメリットに関してです。
外観が良くなるという魅力的な部分はあるドーマーですが、
デメリットもやはりあるんですね。
主な点をピックアップしてみましたのでご覧ください。

① 雨漏りを起こす危険性がある
屋根の形状が複雑である、勾配が緩やかである点などから雨漏りの危険性があります。
また、ドーマー自体を施工している業者も多くないため、適切に施工できず雨漏りなどの
不具合になってしまうケースがあるようです。

② 修繕にコストがかかる
先ほどの①でも解説しましたが、施工業者が少ないことやドーマー自体が
あまり普及していないこともあり、修理費用が高くなってしまうこともあります。

③ 部屋の温度が上がる
窓を取り付けることで日差しが差し込みますので、その分夏場などは暑くなり、
温度も上昇してしまうという点があります。

④ ソーラーパネル設置が難しくなる
ドーマーを施工することで屋根の形状が複雑になってしまいますので、
その分太陽光パネルを施工することが困難になります。


ドーマー以外にも天窓やハイサイドライトなども検討しましょう!

ドーマー メリット デメリット 2

以上、ドーマーの役割やメリット・デメリットに関してでした!
外観のオシャレさはやはり憧れますがその分、メンテナンスや
手入れには少し手間や費用も掛かってくるんですね。

採光や通気ということであれば他にも天窓やハイサイドライト
などを設けるといった方法もありますので、ぜひ検討してみて下さい♫


gaiso.png








外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店