日高市 屋根カバー工事 超軽量屋根セネターを施工


こんにちは!

それでは、お待ちかねの、屋根カバー工事です。

屋根は、お家の中でも大きな面積を占める部分。
全体の雰囲気を、がらりと変えることが出来るパーツです。


前回の記事は、こちらです☆
日高市 リフォームの下準備 現地調査と高圧洗浄


**********

まずは、屋根の防水シートを、
隙間のないよう、ぴっちりと折り目正しく、敷きつめていきます。

防水シートは、いったん屋根カバー工事が完成してしまうと、
外から見ることは出来ないのですが、
雨漏りなどのリスクからお家を守る、非常に大切な工程です。

写真でもわかるとおり、
職人さんが、本当に丁寧に施工しております。


夕日をうけて、どこか美しい光景。。

屋根ルーフィング2.jpg

今回は、カッパ改質ゴムアルファルトルーフィングという種類の
防水紙を使用しています。

防水性はもちろんのこと、
温度変化に強く、耐久性の高い素材です。


屋根のリフォームをするのは、人生のうち何度もないこと。
こういった見えない部分の安心感は、大きいですよね。


つづきまして、屋根カバー工事です。

屋根カバー工事は、葺き替えよりもお財布にやさしく、
今の時代にぴったり!の工法と言えます。
既存の屋根を剥がすことなく、新しい屋根材を上から被せて
施工が可能ですので、既存屋根の撤去代や廃材処分費などを
抑える事ができます。


今回は、デグラ社のセネターという屋根材を使います。
非常に軽量で、災害にも強い素材です。
品質保証は30年。とても耐候性にも優れている屋根材で
おすすめです。

屋根施工1.jpg

一枚、一枚、セネターを固定していきます。

屋根施工2.jpg


継ぎ目の部分も、しっかりと施工していきます。

屋根施工3.jpg

屋根の頂部には棟を取り付けるので、下地となる土台を
最後に取り付けます。


出来上がりました!

屋根完成.jpg


写真でもご覧いただけますように、
今回、換気棟と呼ばれる、
その名の通り、屋根裏部屋を「換気するため」の屋根材が取り付けられました。

暖かい空気は、上へ上へと集まるので、
どうしても屋根裏部屋は、湿気や熱気がこもりがち。
そのような空気を、自然と排出してくれる装置です。


屋根のリフォームと一口で言っても、
単に屋根を新調するだけでなく、さらに快適に暮らしていけるご提案も、
一緒にさせていただいております。
屋根の事で気になることがある、点検したい!などという方
ぜひ、お気軽にガイソー所沢店へお問合せ下さい。



では、さらに施工は続きます♪

gaiso.png
gaiso2.png

所沢市 スレート屋根をカバー工事で超軽量屋根材セネターへ


こんにちは!
本日は所沢市での屋根カバー工事の様子をご紹介します。
IMG_5631.JPG

既存の屋根はスレート屋根です。
苔やカビなどの劣化が目立ち防水機能も劣化している状態です。
化粧スレートは表面に塗装をし定期的にメンテナンスを行う事が必要です。


20220716yanekouji


屋根は棟板金を取り外して写真のように防水紙(ルーフィングシート)を施工しましたので、
今回は新しい屋根材をカバー工法で施工を行っていきます。
雨漏りをさせないためにはこのルーフィングシートの施工をしっかり行う事がとても重要です。


20220716yanekouji

新しくデクラ屋根システム・セネターを施工していきます。
セネターは1㎡あたり約7㎏と超軽量であり、
粘土瓦の約1/9の重さのため、施工性に優れています。

超軽量で家の重心が低くなることにより耐震性を高め、
建物の構造負担を軽減することができます。
そのため、耐震・免震・制震性に有効です。

20220716yanekouji


また、独自のインターロック工法で野地板に固定して
一体化するため、風速約70m/s時の風圧にも耐え、
下からの激しい風にも負けない強さをもっています。
耐台風・強風水性に非常に強い屋根材です。


20220716yanekouji


セネターは、天然石を使用したことにより、
断熱性・遮音効果が向上し、落雪しにくい屋根材となっております。

ガイソー所沢店ではこうした屋根カバー工事による補修リフォーム、
その他葺き替え工事や屋根塗装リフォームなども行っていますので、
屋根の劣化や傷みでお困りの際には、ぜひ一度ご連絡ください!




gaiso.png
gaiso2.png

強風にも強い高耐久屋根材にてカバー工法による屋根補修リフォーム 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市での屋根カバー工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 カバー工事 (1).jpg

今回リフォームすることになりましたのは、こちらの所沢市の
築17年の住宅になります。屋根はスレート屋根で色褪せが酷く、
外壁もひび割れや汚れがありましたので、屋根はカバー工事で、
外壁は塗装リフォームをすることになりました。
屋根は既存の棟板金を取り外して、写真のように新しい
下葺き材を施工してカバー工事に入っています。



下葺き材として使用しているのはカッパ21という
高耐久の改質ゴムアスファルトルーフィングシートです。
アスファルトとあることから分かるように、道路にも使用されている
アスファルト材が使われていますので、耐熱性や耐寒性もあり、
防水性も高い下葺き材になります。
その上から今回新しくFSストーンという屋根材を取り付けていきます。



FSストーンは福泉工業社という企業が開発した
ストーンチップが表面に施工された高品質な屋根材です。
基材にはGL鋼板が使われているため耐久性も高く、
ストーンチップの粒自体が他社製に比べて丸みがあるため、
砂塵やホコリなどが付着しにくくなっているという利点もあります。
また、独自の固定方法でしっかりと施工しますので、強風にも強いです。



最後に棟板金部分も施工して、今回は換気棟も取り付けます。
換気棟は写真のように屋根内部から外部に籠った湿気や熱気を
放出できるような隙間を設けておき、雨漏りや結露の原因となる
湿気を放出する役割があります。

夏場の屋内のこもった熱気や、冬場の結露が酷い場合には、
換気棟などを取り付けてみると解決するかもしれません。
お困りの方はぜひ設置を検討してみてください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png














1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店