狭山市の皆様へ スレート屋根とガルバリウム鋼板屋根の比較


こんにちは!


本日は、スレート屋根とガルバリウム鋼板の特徴を比較していきます。

スレート屋根.jpg


スレート屋根
...スレートはセメントを薄い板に加工した屋根材です。
デザイン性が高く、薄く軽量で耐震性に優れているのが特徴であり、
現在、日本の住宅の屋根材として最も多く普及しています。



6f2ddc9d04e579900c6531f159106ce3_t.jpg


ガルバリウム鋼板屋根
...ガルバリウムという合金でメッキされた鉄の屋根材です。
鋼板を基材にアルミや亜鉛から構成されており、耐久性が高いのが特徴であり、
2017年以降、新築において一番用いられています。


afba2736e708dc121e8960add37f4ffa_t.jpg


ガルバリウム鋼板屋根とスレート屋根を比べてみましょう。

<費用>
屋根材の価格
スレート 4,200円/㎡~
ガルバリウム銅板 6,820円/㎡~

リフォーム時の価格
スレート 6000/㎡~
ガルバリウム銅板 7000/㎡~

コチラを比較すると、スレート屋根の方が費用は安く抑えられますね。

<重量>
1㎡あたり
スレート 18kg/㎡
ガルバリウム銅板 5kg/㎡

重量においては、ガルバリウム銅板の方が軽いので、
建物にかかる負担が少なく地震が起きた際に倒壊する危険が軽減できますね。

<耐用年数>
スレート およそ10~20年
ガルバリウム銅板 およそ25~35年

耐用年数は、ガルバリウム銅板の方が長くなっています。
そのため、スレート屋根の場合にはメンテナンスの頻度が高くなってしまいます。

<デザイン性>
スレート 無難な色からレッドやイエローなど、カラーバリエーションが豊富です。
     また、形状も多くの種類があります。
ガルバリウム銅板 色や形状は、スレートに比べると非常に少ないです。

自分好みのデザインや色にしたい場合、選択肢が多いのはスレートになります。


fc803a952b22054cf3fe94660273b569.jpg


ここまで、スレート屋根とガルバリウム鋼板屋根の比較をしてまいりましたが、
いかがだったでしょうか?


屋根でお悩みの事があれば、ガイソー所沢店に
是非一度ご相談ください♪

gaiso.png
gaiso2.png

強風や地震にも強い屋根材FSストーンによる屋根カバー工事 屋根修繕 入間市


こんにちは!
本日は入間市での屋根カバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー・外壁塗装工事 点検調査 (7).jpg

こちらのお宅は入間市の築14年の一戸建ての住宅になります。
メンテナンスを検討しているとのことでしたので、ガイソーの担当者がお伺いし、
屋根調査と外壁点検作業を行いました。
その結果、屋根カバー工事と外壁塗装リフォームを行います。
屋根は写真のようなスレートでしたが、屋根材の剥がれや
傷みがあったため、塗装ではなくカバー工事で補修していきます。



既存の古くなったスレート屋根の棟板金を剥がした後、
写真のように新しい防水紙を施工して下葺きを行います。
使用しているのはカッパ21という耐久性、防水性の高い
改質ゴムアスファルトルーフィングシートというものです。
万が一屋根材の下に雨水などが入ってしまっても、
しっかりと吸収して雨漏りを防いでくれます。



そしてさらに上から新しい屋根材を施工していきます。
今回施工するのは福泉工業株式会社が開発した屋根材、
「FSストーン」というGL鋼板屋根に天然石ストーンチップを
使用した高耐久・高品質な屋根材を施工します。
こちらはカバー工法に最適な軽量性の鋼板屋根材になります。
粘土瓦の8分の1、スレート瓦の3分の1という重量ですので、
地震対策という面でもおススメの商材になります。



一枚一枚施工しましたら、最後に換気棟、棟板金も施工して
無事屋根カバー工事の完了となります。
強風にも強いインターロックシステムによる固定法で設置されていますので、
悪天候でも安心して過ごせそうですね♬

ガイソー所沢店ではこうした屋根カバー工事を
所沢市、入間市、狭山市、飯能市、日高市、川越市などの各エリアで行っています!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




























雨漏りしていた屋根を高耐久ガルバリウム鋼板屋根材でカバー工事 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市での屋根カバー工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根カバー・天窓補修工事 (2).jpg

こちらは築16年になる一軒家になります。
今回、天窓から雨漏りがしているため、リフォームを検討している
ということでご連絡をして頂きました。
ガイソーの社員による現地調査の結果、天窓は塞いで
新しく屋根カバー工事を行うことになりました。
下葺きの工事は終わりましたので、続いて新しい
屋根材を施工するリフォームに入っています。



既存の古い下地であるスレート屋根材をキレイにしましたら、
防水シートを下葺きで施工していきます。
そしてさらにその上から写真のように新しい屋根材を施工します。
今回は超軽量のガルバリウム鋼板屋根材「セネター」を取り付けます。
セネターは瓦屋根の9分の1という軽さになりますので、
地震対策にもよく、かつ天然石ストーンチップとガルバリウム鋼板が
使用されていますので耐久性も優れています。



ビスを使用して一枚一枚防水シートの上から固定していきます。
セネターは独自のインターロック工法でしっかりと施工されますので、
台風や悪天候時などの強風にも強く、剥がれにくいのが特徴です。
また、表面に加工されたストーンチップの効果により、
雨音を軽減してくれる効果もありますので、生活環境もより
過ごしやすくしてくれる商材になります。



棟板金部分も施工しましたら屋根カバー工事も完成です。
雨漏りしていた天窓部分もしっかりと塞いでカバーしましたので、
これで当面は雨漏りの心配もなく過ごせそうです。

ガイソー所沢店ではこうした屋根カバー工事、屋根修理、
その他屋根葺き替え工事なども行っています。

見積もりや点検は無料ですので、お気軽にご連絡ください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




























1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店