傷んで雨漏りしやすい軒天、雨樋リフォーム 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市での付帯部塗装リフォームをご紹介します。


所沢市 屋根・外壁塗装 付帯部 軒天塗装 (2).jpg
今回は所沢市の2階建ての一軒家にお伺いしてリフォームをしています。
こちらのお宅は屋根は高耐久のGL鋼板屋根材でカバー工事を行い、
モルタル外壁部分もセラミック配合のシリコン樹脂塗料で塗り替えました。
続けて付帯部と呼ばれる屋根・外壁以外の部分の塗装に入ります。
まずは軒天と呼ばれる屋根の裏側やベランダの裏側部分からです。
軒天も経年劣化で傷んできますので、写真のように塗り替えます。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 施工後 (5).jpg

塗装後の写真になります。
軒天部分も雨水などが浸透し塗膜剥がれ、またシミなどが発生します。
さらに劣化すると穴が空いたりする恐れもありますので、
傷みや破損などのサインがありましたら早めに塗り替えを行いましょう。
こうした付帯部は屋根や外壁のリフォームと一緒に行いますと、
足場代などを節約できますので、ぜひご検討ください。



雨樋も塗装していきます。雨樋は経年劣化で徐々に
歪みやヒビなどが発生してきます。
排水という面で大きな役割を担っている部材になりますので、
台風やゲリラ豪雨などの時に水が溢れ出し、雨漏りになる前に、
不具合などはメンテナンスで解消しておきたいところです。



縦樋もしっかりと塗装して塗り替えを行っていきます。
雨樋には横方向に伸びる軒樋(のきどい)と、
縦方向に伸びる縦樋(たてどい)がありますので覚えておきましょう。

ガイソー所沢店ではこうした付帯部と呼ばれる箇所も
しっかりとメンテナンスを行いリフォームします。
見積もりや点検は無料ですので、お気軽にご相談ください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

















所沢市で水切りや破風、シャッターボックスの塗装工事 防水


こんにちは!
本日は所沢市での付帯部塗装リフォームをご紹介します。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 付帯部塗装 (1).jpg

今回リフォームを行っているのはこちらの一戸建ての住宅になります。
築17年を経過してスレート屋根に傷みが出てきており、
外壁部分もモルタルでしたが、ヒビが発生している状況でした。
そのため、新しく屋根カバー工事と外壁塗装リフォームを行いました。
続けて今回はそれ以外の建物部分を塗り替えリフォームしていきます。
最初に写真のような破風と呼ばれる屋根の側面の塗装です。



写真のような外壁と基礎部分の境界にある水切りも塗装します。
水切りは基礎部分に水が浸透するのを抑制するためにありますが、
その分水が溜まりやすく傷みやすい箇所ですので、
こうして塗装してメンテナンスを行っていきます。
細かい部分はこのように刷毛なども使用して塗り替えます。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 付帯部塗装 (4).jpg

写真のようなシャッターボックスも塗装できますので塗り替えます。
シャッターボックスや換気口などの金属部分も、
錆びて傷んでくる箇所になりますので、こうして塗装でメンテナンスします。
塗装は他の外壁や屋根塗装と同じ様に、下塗り・中塗り・上塗りと
重ね塗りを行い膜厚をつけて塗装していきます。



無事シャッターボックスも塗り替えられました。
こうした金属箇所も大体5年ほどを目安に点検を行い、
必要であれば塗り替えなどを行っていきましょう。

ガイソー所沢店ではこうした屋根や外壁以外の
建物部分もしっかりと塗り替え補修を行いますので、
傷んだ箇所がありましたら、ぜひご相談・ご連絡ください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png
























外壁塗り替えリフォームでひび割れたモルタル外壁の補修 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市で行った外壁塗り替えリフォームをご紹介します。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 現地調査 (5).jpg

今回リフォームすることになったのは、こちらの所沢市のお宅です。
築17年でスレートはコケが繁殖し、モルタル外壁はひび割れや
色褪せも発生しており、防水性が落ちている状態でした。
そのため、屋根はカバー工事で高耐久のGL鋼板屋根材にリフォームしました。
外壁も今回塗り替えのリフォームを行っていきます。



リフォーム前は上の写真のようにサッシ部分からの雨筋汚れ、
そしてモルタル外壁の微細なひび割れが発生していました。
モルタル外壁は塗料の効果が切れてきますと、
防水性が落ち水分を吸収しやすくなります。
そうなると膨張・収縮しやすくなりひび割れが発生しやすくなりますので、
定期的に塗り替えが必要になってきます。



外壁塗り替えリフォームはまず洗浄で汚れを落としてから、
下塗り作業を行っていきます。
この下塗り塗装作業で、メインとなる中塗り・上塗り塗料の
密着効果を高めて耐久性の高いリフォームを行っていきます。



下塗り塗装後は乾燥させてから中塗りへと進みます。
今回は外壁塗り替えの新しい塗料としてGWタフネスシリコンを使用します。
セラミック配合の高耐久シリコン樹脂塗料ですので、
耐久性が高くまた汚れにも強い性質があるため、
長く住宅の美観を保持したい方にはおススメの塗料です。



さらに上塗りも終えて乾燥させましたら外壁塗り替えリフォームの完成です。
外壁塗装はこのように下塗り、中塗り、上塗りと3回工程で行います。
作業は手作業でローラーを使用しますので時間は掛かりますが、
その分仕上がりはキレイになり、美観も良くなります。

モルタル外壁は大体10年程度が点検時期になりますので、
必要であれば塗り替えを検討してみてください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png



















1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店