通気緩衝工法でベランダ防水を行いました! 狭山市


こんにちは!今回はベランダ防水についてご紹介します

ベランダ防水とは

ベランダの床を防水性のある素材で覆い、防水性を高める工事のことです。

一般的なお家のベランダはコンクリートや木材でできており、そのままでは家に水が染み込んでしまうため表面が防水層でおおわれています。

なぜ必要なのか?

ベランダは紫外線や日光にさらされているため年数が経つとひび割れや防水性の衰えでベランダ本体に染み込み壁や天井から雨漏りが発生してしまいます。

それを防ぐために、10年に一度はメンテナンスをしたほうがいいと言われています。

雨漏りが発生してからでは、修繕費用もかかってしまいます。

無駄な出費を抑えるためにも早めのメンテナンスをお勧めします。

劣化症状

・ひび割れ

・防水のはがれ

・雨漏りなどです

施工前のベランダです

8-5.jpg

紫外線劣化などによる色褪せやひび割れが見られますね。
黒ずんでいる部分も見られます。

8-4.jpg
下地処理をおこないます

8-3.jpg


8-2.jpg

今回は通気緩衝工法で施工を行います。
こちらの施工法は通気緩衝シートと呼ばれる防水シートを下地に張り付け
その上からウレタン防水を塗りつけていく方法です。
ウレタン防水の下にある通気緩衝シートが建材に含まれている水分を逃がす役割をします。
防水層の膨れを防止する効果があります。


8-1.jpg

ベランダ防水の中でもよく使われるのがウレタン防水です
液状の塗料なのでどんな形状にも対応できコストも安く抑えられます。


8-7.jpg

8.jpg
施工完了いたしました

適切な防水工事をしてベランダを雨漏りから守りましょう♪


gaiso.png
gaiso2.png

入間市 外壁塗装 コーキング打ち替え ベランダ防水塗装で新築のようにピカピカに!



こんにちは!

本日は外壁塗り替えリフォーム工事をご紹介します。

今回は入間市の戸建ての方からご依頼を頂きました!

築15年ということで屋根や外壁サイディングに劣化が発生していたためメンテナンスをすることになりました。

まずは高圧洗浄をおこないます

ガイソー所沢店では、より洗浄力の強いバイオ洗浄もお選びいただけます

ですが、薬品を混ぜるため注意事項があります。

ブログ8 (2).jpg

※植栽を枯らしてしまう

ペットに悪影響を及ぼす可能性があります

車や周囲の家にはブルーシートをかけるなどの配慮をします。

高圧洗浄の様子です
ブログ9.jpg

コーキングも劣化していたため打ち替えをおこないました。

古いコーキングを剥がしマスキングで養生をしその後プライマーを塗っていきます

それからコーキング材を打ち、ヘラでならしていきます

サッシ廻りなどは増し打ちで対応します。

2021_12_17_20_21_23_584_27.jpg


2021_12_19_20_45_59_169_0.jpg

2021_12_19_20_45_59_174_1.jpg

2021_12_19_20_45_59_180_2.jpg


これらがコーキング打ち替えの作業になります。


外壁はサイディングの色と風合いを活かしてクリア塗装に仕上げています。

外壁塗装ではまず基本として密着性を高める下塗りをおこないます

こうして中塗り上塗りを塗ることによってより耐久性も高まります。

ブログ2.jpg

こちらは白から茶色にイメチェン!

無題.png

なんていうのもお家のイメチェンが出来て素敵だと思います♪


ブログ3.jpg

ブログ4.jpg

ツヤ入りの塗料でピカピカに仕上がりました!


ベランダは特に劣化しやすい部分です。
塗膜防水でしっかりとメンテナンスすることを推奨します。

ブログ6.jpg


ブログ7.jpg

ガイソー所沢店ではこした外壁塗り替えリフォームを

所沢市、入間市、狭山市、飯能市、日高市、川越市などの各エリアで行っております

お見積り、点検は無料ですので、お気軽にご相談ください♪



gaiso.png
gaiso2.png

飯能市で傷んだベランダを補修する防水工事リフォーム


こんにちは!
本日は飯能市でのベランダ防水工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 現地調査 (9).jpg

今回リフォームすることになったのはこちらのお宅です。
外壁部分が傷んで汚れており、スレート屋根も色褪せが進行し、
防水性が低下してきている状態でした。
そのため、今回新しく塗り替えリフォームを行い、
屋根・外壁ともに塗装工事でメンテナンスしました。
ベランダ部分も写真のように汚れや傷みが酷かったため、
防水工事を行っていきます。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 ベランダ防水工事 (1).jpg

汚れたベランダは洗浄を行ってキレイにした後、
写真のように下塗り塗装を行って防水塗料の密着を良くします。
下塗りでは防水工事専用のプライマーを使って塗装します。
この下塗り材を前もって施工しておくことで、
より耐久性の高い防水工事リフォームができます。



続けて中塗りでウレタン防水塗料を施工していきます。
今回使用する防水塗料はオートンウレアックスHGという塗料です。
防水性が高く、またフレキシブル性もありますので、
ひび割れなども抑制できる優れた塗料になります。
また、こうしたウレタン防水塗料は形状が複雑なベランダ、
バルコニーなどにも施工できるメリットがあります。



ウレタン防水塗料が乾燥し硬化しましたら防水工事の完成です!
ベランダは劣化してきますと防水層が剥がれ、
雨水などが浸透し雨漏りが発生する恐れもあります。
そうなりますと、住宅の寿命が短くなる原因にもなりますので、
傷んでいるのを見つけましたら、早めに塗装などでメンテナンスしましょう!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png


















1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店