知っておきたい屋根の補修時期や雨漏りの点検箇所について 日高市


こんにちは!
今回のコラムでは日高市のリフォームをご検討中の方に、
屋根部分からの雨漏りしやすい箇所、そして屋根の補修時期について解説します。
突然のゲリラ豪雨や大雨が多くなっている近年では、
なるべく早めにこうしたポイントを知っておくことが大事ですので、
ぜひ参考にしてみてください。

変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 現地調査 (7).jpg

雨漏り防止をするための点検ポイント


変換 ~ 日高市 屋根・外壁塗装 現地調査 (8).jpg

ではまず、屋根のどういった箇所から雨漏りするのか、
注意すべき劣化のサインは何なのかを見ていきましょう。

① 屋根材の割れ、ヒビなどが発生していないか
→ 雨水が破損したぶぶんから浸透し、雨漏りになる可能性があります。

② 汚れなどが拡がり、コケなどが繁殖していないか
→ 屋根材を傷める要因になるコケ、汚れなどは高圧洗浄でキレイにしましょう。

③ 棟板金がずれたり、または錆びてボロボロになっていないか
→ 防水の役割がある棟板金が外れると、雨漏りや飛散するトラブルになります。

④ 屋根塗料の劣化で色褪せ、褪色が進んでいないか
→ 塗料には防水の役割がありますので、色褪せて塗料が薄れますと
  屋根材が水を吸いやすくなり、傷みやすくなるため雨漏りも起こりやすくなります。



⑤ 雨樋部分の割れ、破損などが起きていないか
→ 雨樋から水が溢れますと、雨漏りしやすくなります。

⑥ 屋根の谷棟の箇所や外壁と接する屋根部分などが劣化していないか
→ 雨水の流れ道は傷んでいると雨漏りしやすくなります。

屋根は自分自身でチェックすることは危険ですので、
なるべくリフォーム会社や専門業者にチェックしてもらいましょう。

屋根を補修する時期、メンテナンスすべき時期とは?


変換 ~ 入間市 屋根カバー、雨樋交換 現地調査 (4).jpg

では次に、屋根の補修のタイミングについて見ていきましょう。

① スレート屋根・金属屋根・・・およそ10~15年
→ スレートは割れがないか、金属屋根はサビが酷くボロボロになっていないか
  定期的に見てチェックすると良いでしょう。

② 瓦屋根・・・およそ20年
→ 瓦屋根は地震などの大きな揺れでズレやすいため、チェックしておきたいところです。
  漆喰は劣化するとひび割れ、崩れますので雨漏りを防ぐためにも確認はしましょう。

また、下記の様なタイミングでも点検は行うと良いでしょう。

① 夏の台風前、梅雨などの雨の前など
→ 台風前や梅雨前にできれば雨漏りしやすい箇所の点検をしておけば、
  いざというときに雨漏りで困らずにすむでしょう。

② 地震の発生直後
→ 先ほどの話と重複しますが、大きな揺れが起きた時は早めに
  屋根のズレや割れを点検しておくと雨漏りなどの被害を防げます。
  
ガイソーでは専門の担当者が細かくチェックして
屋根の状態を確認、必要なメンテナンスを行いますので、
お気軽にご相談ください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png













雨漏り防止のための点検ポイントとは?補修時期についても解説 飯能市


こんにちは!
今回のコラムでは飯能市の方々へ屋根からの雨漏り防止の点検ポイント、
補修すべき時期について解説します。
最近では雨も増えて雨漏りの心配も多くなってきました。
こうした時期に、一度点検しておくと良いでしょう。



雨漏りを防ぐための屋根の点検ポイント


変換 ~ 日高市 屋根・外壁塗装 現地調査 (8).jpg

最初に屋根から発生する雨漏りについて、
どういった傷みがあったら注意すべきか知っておきましょう。

① 屋根の破損やひび割れといった劣化のサインがないか
→ 破損した箇所から雨漏りに繋がるおそれがあります。

② 汚れやコケなどが酷くないか
→ 汚れやコケは屋根材を傷める原因ですので、できれば洗浄をしましょう。

③ 棟板金のサビや釘の浮き、ズレなどが発生していないか
→ 棟板金が外れますと危険ですし、雨漏りする可能性も高まります。

④ 屋根材の色褪せが進んで傷んでいないか
→ 塗料が色褪せますとその分水を吸い込みやすくなりますので、
  膨張し破損、そこから雨漏りする可能性があります。



⑤ 雨樋などに割れや破損、ヒビが起きていないか
→ 雨樋が破損しますと雨漏りが起きやすくなりますので注意です。

⑥ 谷棟や屋根と外壁との接合部などの水が溜まりやすい箇所は傷んでいないか
→ 水が流れ込みやすい箇所ほど、傷んでいると雨漏りを起こします。

こうした箇所はチェックしておくと良いですが、屋根の点検は危険ですので、
できれば専門の塗装会社やリフォーム会社に見てもらいましょう。

屋根補修・メンテナンスの検討時期は?




また、屋根からの雨漏りを防ぐためには、
適切なリフォームや補修の時期についても知っておくと良いでしょう。

① 化粧スレート・金属屋根の場合・・・大体10~15年
→ スレートはひび割れや破損、金属屋根の場合にはサビが拡がっていないか
  などの確認はしておくと良いでしょう。

② 瓦屋根の場合・・・大体20年ほど
→ 瓦屋根は地震などの動きでズレやすく、また割れやすいため定期的に点検は必要です。
  漆喰も崩れると雨漏りの可能性がありますので、チェックしておくと良いでしょう。

また、下記の様な時期の前にも点検は行うと良いでしょう。

① 台風の前や梅雨などの雨の前など
→ 台風の時期や梅雨の時期は特に雨漏りの発生が多くなります。
  酷くなりますとどこも忙しくなり、対応できないこともありますので、
  普段から発生しやすい箇所は補修しておきましょう。

② 地震などが起きた直後
→ 重量のある屋根は地震でズレや割れなどが起きやすいため、
  発生したら早めに状態はチェックしましょう。
  
ガイソーでは屋根や外壁の点検は無料にて行っていますので、
気になる箇所がありましたらお気軽にご相談ください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png












適切な屋根補修の時期と点検箇所を知って雨漏りに備えましょう! 狭山市


こんにちは!
今回は狭山市のみなさんへ雨漏りを防ぐために点検すべき屋根のポイント、
補修などの時期について解説していきます!
天気も悪く雨が多くなってきた夏場から秋前のこの時期、
ぜひ一度ご覧になって雨漏りに備えましょう。



雨漏り防止のための屋根の点検ポイント


変換 ~ 日高市 屋根・外壁塗装 現地調査 (8).jpg

まずは屋根からの雨漏りを防ぐために、
どういった劣化現象に注意した方が良いか確認しておきましょう。

① ひび割れや破損などの屋根の傷みが発生していないか
→ 傷んで破損した箇所から水が浸透して雨漏りに繋がります。

② コケ、汚れなどで屋根が傷んで、腐食していないか
→ 雨水を含むとコケは繁殖し屋根を傷めますので、早めに洗浄が必要です。

③ 棟板金の釘の浮き、ズレ、剥がれなどはないか
→ 防水の役割を担う板金が外れますと、雨漏りの可能性が高まります。

④ 屋根の塗料が薄くなり色褪せが進んでいないか
→ 屋根塗料には防水の役割もあるため、色褪せが進んでいましたら
  塗装によるメンテナンスも必要になります。



⑤ 雨樋に歪みや破損、ひび割れが発生していないか
→ 排水機能のある雨樋が不具合を起こしますと、
  水浸しになったり雨漏りになる可能性が高まります。

⑥ 水が溜まりやすい外壁と屋根の接合部分、谷棟部分などに不具合がないか
→ 雨などで水が大量に流れる箇所や通る箇所は、
  不具合が起こりますと雨漏りしやすいため要注意です。

こうした箇所の屋根チェックは自分で行うのは難しいですし危険です。
なるべく専門業者に頼んで傷んだ箇所は見てもらいましょう。

屋根を補修、もしくは点検する時期の目安に関して




また、適切なタイミングで補修を行うためにも、
屋根のメンテナンス・補修の時期などに関しても知っておくと良いでしょう。
屋根材によって耐久性が異なることから、時期も違いますので下記をご覧ください。

① スレート屋根材・金属屋根材の場合・・・およそ10~15年
→ 屋根表面の塗料の剥がれ具合、スレートの劣化や破損などがないか見ておきたいところです。
  金属屋根も古くなりますと錆びてボロボロになりますので注意しましょう。

② 瓦屋根の場合・・・およそ20年程度
→ 瓦屋根は地震などによるひび割れ、ズレなどが発生しやすいです。
  漆喰も経年劣化で崩れて、雨漏りの危険性がありますのでチェックしましょう。

さらに、下記の様な時期などもチェックしておくとより安心です。

① 梅雨前の時期や夏の台風の時期など
→ 雨の多い季節はできればその前に点検などを行っておくと、
  いざという時に雨漏りなどの心配がなく安心です。

② 大きな地震などが発生した際など
→ 地震は特に瓦屋根などの重量のある屋根が影響を受けやすいです。
  ズレや崩れなどがないか点検してもらいましょう。
  
屋根の点検や調査などはガイソー所沢店でも随時行っておりますので、
気になることがありましたらお気軽にご相談、お問い合わせください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店