狭山市で防水効果の高いフッ素樹脂塗料で屋根塗装リフォーム


こんにちは!
本日は狭山市での屋根塗装リフォームをご紹介します。

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 屋根塗装 (3).jpg

こちらのお宅は狭山市の築14年の一軒家になります。
屋根に色褪せが見られ、サイディング外壁もかなり
傷んでいる様子でしたので、今回塗り替えを行います。
高圧洗浄作業でカビやコケは落としましたので下塗りをし、
その上から写真のように中塗り塗料を施工していきます。
中塗り塗料は高耐久なフッ素樹脂塗料です。



大屋根を施工しましたら下屋根も塗装していきます。
今回使用しているフッ素樹脂塗料は、ガイソールーフガードフッ素です。
従来のフッ素樹脂塗料は紫外線により劣化する塩素が配合されていましたが、
ガイソールーフガードフッ素は塩素を取り除くことに成功したため、
その分塗料がより長持ちするようになりました。



中塗りを終えましたら最後に上塗りで同じフッ素塗料をもう一度施工、
そして仕上げに写真のように縁切り作業を行います。
これはローラーで塗装しますと、スレートの間に塗料が入ってしまい、
乾燥すると塞がった状態になってしまいますので、
こうしてカッターやヘラなどを使い縁切りを行います。
費用は掛かりますが、タスペーサーなどの縁切り用部材を使うこともできます。



無事屋根塗装リフォームが完成しました。
フッ素樹脂塗料の施工により見た目も光沢があり鮮やかな外観になりましたね。
耐久性はもちろん、防水性も塗料の中では最高クラスですので、
当分は雨漏りなども心配せず安心して暮らせそうです!

ガイソー所沢店ではこうした屋根塗装リフォーム、
外壁張り替えや補修、その他ベランダ防水や内装工事なども行っています♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png





























狭山市で色褪せたスレート屋根を塗り替える屋根補修塗装リフォーム


こんにちは!
本日は狭山市での屋根塗装の様子をご紹介します。



今回リフォームすることになったのはこちらの狭山市のお宅です。
築14年でスレート屋根、サイディング外壁のお宅でしたが、
写真のように汚れや色褪せが目立つ状態でした。
現地調査ではその他にも外壁やベランダ、付帯部などもチェックし、
サイディングなども色褪せや汚れ、目地の劣化が目立っていましたので、
補修及び塗装リフォームで塗り替えを行っていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 屋根塗装 (2).jpg

まずは屋根塗装リフォームから行っていきます。
屋根塗装は高圧洗浄で汚れなどをキレイに落とした後、
下塗り塗装から始めていきます。
今回使用する下塗り塗料は、屋根専用の下塗り塗料である
GWルーフシーラーという塗料になります。
耐久性がありながらも密着性も良くする優れた塗料です。

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 屋根下塗り.jpg

塗装リフォームでは写真のようにローラーを使って塗装します。
ローラーでの塗装は時間は掛かりますが、仕上がりもキレイで
何より塗料が飛散する可能性が減りますので、現在ではローラーが主流です。
下塗りを終えた後は中塗り、そして上塗りと塗装を重ねて、
膜厚を付けていくことで屋根塗装の耐久効果を高めていきます。



下塗りが乾燥しましたら続けて中塗り塗装を行います。
スレート屋根は大体8年~12年程度を目安に点検や補修などが必要ですので、
時期がきましたらぜひ一度、メンテナンスをご検討ください!

もちろん、ガイソー所沢店でもこうしたリフォームを承っております。
見積もりや点検は無料ですのでお気軽にご相談ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png






















日高市で色褪せたトタン屋根の塗り替え補修メンテナンス


こんにちは!
本日は日高市での下屋根塗り替えリフォームの様子をご紹介します。

変換 ~ 日高市 屋根・外壁・階段塗装 屋根塗装 (3).jpg

こちらのお宅は日高市の築27年の3階建ての一軒家です。
屋根や外壁面に劣化が出てきており、色褪せやコケ汚れ、
外壁はひび割れなども目立ってきている状態でした。
そのため、今回新しく塗り替え塗装でリフォームしていきます。
大屋根は高耐久のフッ素樹脂塗料でリフォームしましたので、
続けて写真のように下屋根の塗装を行っていきます。



下屋根は金属屋根で、瓦棒葺き屋根(トタン屋根)という屋根でした。
継ぎ目がないため雨漏りを比較的起こしにくい屋根材になりますが、
金属製ですのでサビが発生してきてしまいます。
そのため、こうして塗装によりメンテナンスしていきます。
下塗り材を全面に施工しましたら乾燥させて時間をおきます。



下塗りが乾燥しましたら新しい屋根塗料を施工していきます。
下塗り塗料には塗料の密着性を良くし、塗りムラを防ぐ効果もあります。
そして上から中塗り・そして上塗りと塗装を重ねていきます。

基本的に屋根塗装はこうして3回の工程を経て塗装を行い、
塗膜を厚くすることでより耐久性を高くして屋根を守ります。
塗料には見た目を良くする以外にも、建材を保護し守る効果もあります。



上塗りも無事完了し下屋根の塗装リフォームが終わりました。
こうした金属屋根は劣化を放置してサビが進行しますと、
穴が空いてボロボロになったりしてしまいます。
そうなりますと、雨漏りなどの不具合にも繋がりますので、
10年に1度程度は点検やメンテナンスを行うなどして
屋根の状態を維持するようにしておきましょう!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

























1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店