入間市の皆さまへ 目地の重要性!コーキングの種類について 


こんにちは!  

本日はコーキング材の種類についてご紹介します。
OIP.jpg
ガラス周りやキッチン、建物の目地、屋根材や外壁のひび割れ補修などに使われるコーキングですが
種類もいろいろあって施工場所によって使い分けがあります。


シリコン
コスパが良く、ホームセンターなどでも購入できます。
浴槽やトイレ周り、サッシ廻りなどに使われることが多いです。
3003631_s.jpg
安くて調達しやすいコーキング材ですがこのシリコンコーキングの上からは塗装することができません
塗料の塗膜とコーキング部分の密着性が保たれず剥離してしまう現象が起きてしまいます


変成シリコン
名前は似ていますがシリコンとは別物で、硬化した後は塗装することが可能です。
サイディングの家の目地、屋根材やモルタル、コンクリート、
金属類への使用も可能で幅広く使われているコーキング材です。
3003645_s.jpg


ウレタン
耐久性が高く、硬化後にゴムのような弾力性をもちます。
その弾力性からクラックの補修目地の補修に使われるウレタンですが、紫外線により劣化、またホコリを吸い付けやすいためかぶせる程度に使用します。
コンクリート部分の目地やウレタン防水などの下地処理に使用されます。
1229432_s.jpg


アクリル
アクリルは湿った場所にも使用でき、クロスや内装の目地に使われますが
耐久性はないためリフォームなどでの使用はあまりありません。

IMG_8046-e1588077472960.jpg


以上、コーキングの種類についてでした!
普段あまり気にすることはないかもしれませんが
建物を守るうえで重要な役割を持っているのでリフォームの際など知っておくと良いですね♪


gaiso.png
gaiso2.png

入間市の皆様へ! スレート屋根のひび割れ放置していませんか?


こんにちは!

本日は、スレート屋根のひび割れについてお伝えしていきたいと思います。

皆さんは、屋根を確認する事はありますか?
確認した時にひび割れを見つけた場合、早めに補修を検討されるのがおすすめです。

もし、放置したままにしてしまうと雨漏りが発生する危険があります。

house_amamori.jpg


とはいっても、「補修が必要なほど深刻な状態なのか?」
といった疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。

くれぐれも、自身で屋根に上って確認するのは危険ですのでおやめください。

専門業者に相談し、写真や動画を撮ってもらい、
一緒に確認するとよいです。


DSCF1214.jpg
ひび割れは、業界用語で「クラック」とも言います。


スレート屋根がひび割れる主な原因は主に4つあります。
  1. 経年劣化

    スレート屋根は時間の経過とともに、劣化していきます。
    ある程度、劣化が進行すると、様々な劣化症状が発生します。
    その劣化症状の一つが「ひび割れ」です。
    スレート屋根には、ひび割れ以外にも、「色あせ」「カビ・藻の発生」
    「塗膜の膨れ」などの経年劣化の症状が生じることもあります。

  2. 飛来物

    台風時や強い風が吹いている時などに飛んできたものがスレート屋根にぶつかり、
    ひび割れが生じることがあります。

  3. 屋根上の工事

    アンテナや太陽光パネルの設置などの、スレート屋根の上での工事内が原因で
    ひび割れが生じることがあります。
    また、スレート屋根の上に設置したアンテナや太陽光パネルなどの重みにより
    ひびが少しずつはいってしまう事もあります。

  4. 踏み倒れ

    (スレート屋根の上での作業中などに)スレート屋根を踏むことで、
    ひび割れが生じることがあります。
    特に、経年劣化によってよわくなったスレート屋根は踏み割れが生じやすいです。

publicdomainq-0000478.jpg


では、スレート屋根のひび割れを「補修すべきかどうか」「いつ補修するのがいいのか」
について解説していきます。


まず、スレート屋根は補修する必要があります。
放置しておくと、前述のように雨漏りが発生するリスクが生じます。
スレート屋根材の下には防水シートがあるので、
ひび割れが生じたからといってすぐに雨漏りしてしまうわけではありません。

しかし、ひび割れを放置すれば、ひび割れ箇所から雨水が浸入し続けるため、
いつか雨漏りが発生してしまいます。


ひび割れ補修のタイミングは、専門業者に相談するのが得策です。

基本的には、ひび割れに気づいたタイミングで早めに補修を検討するのが良いです。
ひび割れを放置すれば様々なリスクが生じてしまうからです。

ただし、ひび割れの進行具合によっては、しばらくは様子見のケースもあります 。
また、数年後に屋根塗装を予定している場合には、
それまで様子見にするか、 屋根塗装の時期を早くするという判断も考えられます。

とはいえ、この判断をを自身で見極めるのは難しいため、
専門業者に相談をしたうえで判断をするのが一番と思います。
専門業者に相談をすることで、補修工事の内容や費用の見積りも提示してもらえるため、
より具体的な補修のタイミングを検討できま
す。

leader_sagyouin_man.jpg


ガイソー所沢店では点検・調査・お見積りまで全て無料で行っておりますので、
屋根のひび割れが気になりましたら、ぜひ一度ご相談ください♪

gaiso.png
gaiso2.png

ひび割れたスレート屋根の補修と塗り替え塗装リフォーム 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での屋根塗装リフォームの様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 現地調査 (1).jpg

こちらのお宅は傷んで劣化した屋根の状態と外壁の汚れなどが気になり、
新しくリフォームをしたいということでご相談がありました。
そのため、現地調査で屋根と外壁の状態を確認しチェック、
さらに高圧洗浄作業も行い、塗装リフォームの前の洗浄も行いました。

今回は屋根塗装の作業へと入っていきます。
上の写真は現地調査時のスレート屋根ですが、色褪せがかなりありました。
また、ひび割れた箇所もあったため、その部分も補修していきます。



まず、ひび割れ部分の補修としてパテを使用してスレートを補修します。
このような割れ部分から雨水が浸透し、屋根内部が腐食を起こしてしまうこともあります。
そのため、補修を行ってから塗装のリフォームをしていきます。
スレート屋根はこのような割れが起こりやすい屋根材ですので、
できれば定期的に調査や点検を行って、メンテナンスも必要に応じて行うと良いでしょう。
なお、屋根の補修や修理については、塗装の他カバー工事や葺き替えなどもできます。



補修が終わりましたら、続いて塗装の作業として下塗りを行います。
使用するのはシーラーという下塗り材になります。
下塗りは中塗り塗料、上塗り塗料の密着を良くして、塗りムラも抑えるという
働きがありますので、塗装の際には必ず行っていきます。
ちなみに塗装には写真のようなローラーを使用して作業を行います。
スプレーなどによる吹き付け工法も以前はありましたが、
仕上がりもこちらの方が良いため、今はローラーでの塗装が主流となっています。



下塗りが終わりましたら乾燥させて乾かしていきます。
その後はローラーを使用して下塗りと同じ様に、今度は中塗り塗料を
上から重ね塗りで施工していきます。
今回は高耐久のフッ素樹脂塗料を使用して塗装していきます。

ガイソー所沢店ではこうした屋根塗装リフォームや葺き替え工事、
その他にもカバー工事や補修メンテナンスも行っておりますので、
屋根や外壁に関してお困りの際にはお気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png







1  2  3  4
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店