ひび割れたスレート屋根の補修と塗り替え塗装リフォーム 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での屋根塗装リフォームの様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 現地調査 (1).jpg

こちらのお宅は傷んで劣化した屋根の状態と外壁の汚れなどが気になり、
新しくリフォームをしたいということでご相談がありました。
そのため、現地調査で屋根と外壁の状態を確認しチェック、
さらに高圧洗浄作業も行い、塗装リフォームの前の洗浄も行いました。

今回は屋根塗装の作業へと入っていきます。
上の写真は現地調査時のスレート屋根ですが、色褪せがかなりありました。
また、ひび割れた箇所もあったため、その部分も補修していきます。



まず、ひび割れ部分の補修としてパテを使用してスレートを補修します。
このような割れ部分から雨水が浸透し、屋根内部が腐食を起こしてしまうこともあります。
そのため、補修を行ってから塗装のリフォームをしていきます。
スレート屋根はこのような割れが起こりやすい屋根材ですので、
できれば定期的に調査や点検を行って、メンテナンスも必要に応じて行うと良いでしょう。
なお、屋根の補修や修理については、塗装の他カバー工事や葺き替えなどもできます。



補修が終わりましたら、続いて塗装の作業として下塗りを行います。
使用するのはシーラーという下塗り材になります。
下塗りは中塗り塗料、上塗り塗料の密着を良くして、塗りムラも抑えるという
働きがありますので、塗装の際には必ず行っていきます。
ちなみに塗装には写真のようなローラーを使用して作業を行います。
スプレーなどによる吹き付け工法も以前はありましたが、
仕上がりもこちらの方が良いため、今はローラーでの塗装が主流となっています。



下塗りが終わりましたら乾燥させて乾かしていきます。
その後はローラーを使用して下塗りと同じ様に、今度は中塗り塗料を
上から重ね塗りで施工していきます。
今回は高耐久のフッ素樹脂塗料を使用して塗装していきます。

ガイソー所沢店ではこうした屋根塗装リフォームや葺き替え工事、
その他にもカバー工事や補修メンテナンスも行っておりますので、
屋根や外壁に関してお困りの際にはお気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png







狭山市でひび割れたモルタル外壁を無機塗料で塗り替える塗装工事


こんにちは!
本日は狭山市で行った外壁の塗り替えリフォームの様子をご紹介します。

変換 ~ 狭山市 屋根葺き替え 外壁塗装 外壁補修・塗装 (3).jpg

こちらのお宅の方は、屋根がアスベスト材を含むスレート屋根材でしたので、
安全性も考慮し新しく違う屋根にしてしまいたいというご要望でした。
そのため、現地調査を行い屋根と一緒に外壁も調査し、
屋根は新しく葺き替えるリフォーム、そして外壁もひび割れを補修し、
塗り替えるリフォームを今回は行うことになりました。

屋根は新しく軽量屋根材セネター(SENATOR)に葺き替えましたので、
続いては外壁リフォームに入ります。写真のようにモルタル外壁の
ひび割れ補修は完了しましたので、いよいよ塗装作業へと移ります。



補修した部分を含めてモルタル外壁を塗装リフォームにより塗り替えます。
外壁面はモルタルでもサイディングでも徐々に施工された塗料が劣化し、
色褪せて防水性を失ってきますので、写真のように塗装を行うことが重要です。
施工前に合ったモルタル外壁のひび割れも、壁面の塗料が劣化し防水性が低下、
その結果として外壁が雨水を吸い込んでしまい、膨張と収縮を繰り返しひび割れが
起きるという劣化現象に繋がってくるのです。

そのため、このように新しく塗料を施工し防水性を高めることが必要なんですね。



塗装は下塗りから開始します。使用している下塗り塗料は、
ガイソーウォールカブールサーフという下地への密着性に優れた塗料です。
下塗りはその効果として、上塗りする塗料の密着効果を高める性質がありますので、
塗装作業を行う際には必ず行っていく工程になっています。
また、塗装の作業も基本的にはより仕上がりや耐久性も高い
手塗りの塗装工法で塗り替えるリフォームを行っていきます。
以前あったスプレーなどによる吹き付け工法も便利ではありますが、
より仕上がりを重視する点、そして塗料の飛散を防ぐ意味でも時間は掛かりますが
手塗りでしっかりと丁寧に塗装を行います。



そして中塗り・上塗り塗装においては無機塗料である
「ガイソーウォール無機F」を使用していきます。
こちらは数多く種類がある外壁塗料の中でも、特にグレードの高い無機成分
を配合した防カビ・防藻性能もある高耐候性の無機塗料になります。
特性として親水性であるため、汚れが雨で流れ落ちやすく、
お手入れも手間が掛からず経済的なメリットがあります。

ガイソー所沢店ではこうしたハイグレードで機能性の高い、
安全・安心な塗料を数多く扱っておりますので、
外壁塗り替え・リフォームをご検討の際にはぜひお気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











防水性の低下でひび割れたモルタル外壁の補修工事 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市での外壁補修工事の様子をご紹介していきます。

変換 ~ 狭山市 屋根葺き替え 外壁塗装 施工前 (11).jpg

こちらのお宅はスレートの屋根でしたが、アスベストを含んでいるということで
屋根葺き替え工事の見積もりを出して欲しいとのことでご連絡頂きました。
現地調査を行い、屋根葺き替え工事により軽量屋根へ葺き替えましたので、
今度はモルタル外壁の補修・塗装リフォームへと進んでいきます。

上の写真は既存のモルタル外壁ですが、ひび割れがあるのが分かります。
このような外壁の劣化は放置したままですと、ひび割れ部分から雨水が入り込み、
建物内部を腐食させ雨漏りなどにも繋がる恐れがありますので要注意です。



こうしたひび割れ部分に補修作業には写真のようなパテを使用していきます。
パテにも種類が実は色々あり、水と合わせて練ってできた石膏系
樹脂が入っており扱いやすく強度も高い炭酸カルシウム系のパテ、
それから金属及び木材にも使用でき、とても固いパテであるエポキシ系などがあります。

塗装前にはこうしたパテやもしくはシーリングでまず外壁面を補修してから、
外壁の下塗りなどを行っていく下地処理の作業が重要になってきます。



こちらもかなり長く亀裂が入ってしまうので補修していきます。
こうしたひび割れの原因は、実はモルタルが水を弾く効果が薄れてしまったことが原因です。
モルタルは劣化して塗膜が劣化すると水を弾かなくなりますが、
雨水などを吸収してしまい膨張、そして乾燥すると収縮するという現象を繰り返します。
これによりモルタルのひび割れが発生してしまうんですね。
そのため、防水性を高める外壁塗装のリフォームは、
ひび割れを防ぐ上でも非常に重要だと言えます。



外壁のひび割れ補修が終わりましたら、続けて外壁塗装へ移ります。
ひび割れた箇所もしっかりと塗装していきますので、
亀裂のあった箇所はほとんど分からなくなります。

外壁面はこのように、ひび割れや色褪せなどを日ごろから定期的にチェックし、
大きな破損や傷み、腐食に繋がる前にメンテナンスを行うことが重要ですので、
気になる箇所がありましたら早めにリフォームを検討しましょう。

ガイソー所沢店ではこうした外壁補修やリフォーム工事を
所沢市、入間市、狭山市、日高市、飯能市、川越市などの各エリアで随時行っております!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png


















1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店