所沢市で水切りや破風、シャッターボックスの塗装工事 防水


こんにちは!
本日は所沢市での付帯部塗装リフォームをご紹介します。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 付帯部塗装 (1).jpg

今回リフォームを行っているのはこちらの一戸建ての住宅になります。
築17年を経過してスレート屋根に傷みが出てきており、
外壁部分もモルタルでしたが、ヒビが発生している状況でした。
そのため、新しく屋根カバー工事と外壁塗装リフォームを行いました。
続けて今回はそれ以外の建物部分を塗り替えリフォームしていきます。
最初に写真のような破風と呼ばれる屋根の側面の塗装です。



写真のような外壁と基礎部分の境界にある水切りも塗装します。
水切りは基礎部分に水が浸透するのを抑制するためにありますが、
その分水が溜まりやすく傷みやすい箇所ですので、
こうして塗装してメンテナンスを行っていきます。
細かい部分はこのように刷毛なども使用して塗り替えます。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 付帯部塗装 (4).jpg

写真のようなシャッターボックスも塗装できますので塗り替えます。
シャッターボックスや換気口などの金属部分も、
錆びて傷んでくる箇所になりますので、こうして塗装でメンテナンスします。
塗装は他の外壁や屋根塗装と同じ様に、下塗り・中塗り・上塗りと
重ね塗りを行い膜厚をつけて塗装していきます。



無事シャッターボックスも塗り替えられました。
こうした金属箇所も大体5年ほどを目安に点検を行い、
必要であれば塗り替えなどを行っていきましょう。

ガイソー所沢店ではこうした屋根や外壁以外の
建物部分もしっかりと塗り替え補修を行いますので、
傷んだ箇所がありましたら、ぜひご相談・ご連絡ください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png
























狭山市で経年劣化した軒天、シャッターボックスの塗装メンテナンス


こんにちは!
本日は狭山市での付帯部塗装リフォームの様子をご紹介します。

変換 ~ 狭山市 屋根カバー・外壁塗装 付帯部塗装工事 (1).jpg

こちらのお宅は築16年の狭山市にある一軒家になりますが、
今回屋根が劣化し、天窓からも雨漏りしているためリフォームをしたい
ということでご連絡をして頂きました。
ガイソーの社員がお伺いしてチェックをしたところ、
やはり雨漏りが酷い状態でしたので天窓は塞いで屋根カバーを行い、
外壁も塗装リフォームでキレイに塗り替えました。
続けて今回は写真のように軒天などの付帯部塗装に入ります。



写真のような軒天と呼ばれる屋根の裏側部分も付帯部に入ります。
そのため、こちらも下塗り、中塗り、上塗りと重ね塗りをして
しっかりと塗装メンテナンスを行って補修します。
軒天は傷んできますと塗膜剥がれや軒天板の破損、割れなどが起きます。
そうなりますと雨漏りの可能性も高くなりますので、
屋根を腐食させないためにもなるべく塗装などで耐久性は保ちましょう。



続いてシャッターボックスも塗装していきます。
こうした金属部分も塗装でメンテナンスできます。
金属部分は錆びてボロボロになりますので、
こうして塗装することでサビを予防、耐久性も保てます。
傷んで大がかりな補修・交換工事が必要になる前に、
早めにメンテナンスはしておきましょう。



シャッターボックスも重ね塗りでしっかりと塗装を行い完成です。
こうした付帯部と呼ばれる箇所は屋根や外壁の塗装と一緒に行うことで、
全体的な美観も良くなりますので、ぜひ行っておきましょう。

ガイソー所沢店ではこうした屋根や外壁以外の付帯部と呼ばれる箇所も
塗装リフォームでしっかりキレイにしますので、お気軽にご相談・ご検討ください!

見積もり・点検は無料で行っています♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png















色褪せて経年劣化した庇や雨樋、水切りなどの塗装リフォーム 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市のお宅の付帯部塗装の様子をご紹介します。

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 付帯部塗装 (3).jpg

こちらのお宅は築14年、一軒家のお宅になりますが、
サイディング外壁の劣化や目地部分のひび割れ、
スレート屋根材の色褪せやコケの繁殖などがありましたので、
洗浄を行い塗装リフォームを行うことになりました。
屋根、外壁ともにリフォームは大体終わりましたので、
残りの付帯部と呼ばれる建物部分も塗装していきます。
上の写真のような雨樋も付帯部ですので塗装していきます。



また、シャッターボックスも経年劣化で色褪せて傷んできますので、
こちらもローラーを使用して塗装を施していきます。
雨樋もシャッターボックスもそれぞれ合成樹脂や金属などの
頑丈な素材でできていますが、それでも長年風雨に晒されて
紫外線も浴び続けると、徐々にサビや歪みなども発生してきます。
そんな劣化現象を防ぐ意味でも塗装は重要になります。



なども色褪せて防水性が落ちてきますと、雨漏りなどの
不具合に繋がりますので塗装でメンテナンスします。
庇は材質にもよりますが、おおよそ20年ほどとなっています。
しかしながら、環境によっては早い時期に錆びや色褪せが発生しますので、
できれば10年ごとくらいにこうして塗装を施しておいた方が安心でしょう。



最後に写真のような外壁と土台基礎部分の境目にある
水切り部分も塗装でメンテナンスをしていきます。
水切りは外壁から滴り落ちる水滴が土台部分に浸透するのを防ぎます。
しかしながら、その分水切り自体に水が集中しやすいため、
劣化が早い箇所になってきますので補修も必要になってきます。

ガイソー所沢店ではこのような庇や雨樋、軒天や水切りといった
付帯部と呼ばれる箇所も丁寧に塗装などでメンテナンスできますので、
気になる方はぜひ一度、お気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png








1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店