雨漏りしていた屋根を高耐久ガルバリウム鋼板屋根材でカバー工事 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市での屋根カバー工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根カバー・天窓補修工事 (2).jpg

こちらは築16年になる一軒家になります。
今回、天窓から雨漏りがしているため、リフォームを検討している
ということでご連絡をして頂きました。
ガイソーの社員による現地調査の結果、天窓は塞いで
新しく屋根カバー工事を行うことになりました。
下葺きの工事は終わりましたので、続いて新しい
屋根材を施工するリフォームに入っています。



既存の古い下地であるスレート屋根材をキレイにしましたら、
防水シートを下葺きで施工していきます。
そしてさらにその上から写真のように新しい屋根材を施工します。
今回は超軽量のガルバリウム鋼板屋根材「セネター」を取り付けます。
セネターは瓦屋根の9分の1という軽さになりますので、
地震対策にもよく、かつ天然石ストーンチップとガルバリウム鋼板が
使用されていますので耐久性も優れています。



ビスを使用して一枚一枚防水シートの上から固定していきます。
セネターは独自のインターロック工法でしっかりと施工されますので、
台風や悪天候時などの強風にも強く、剥がれにくいのが特徴です。
また、表面に加工されたストーンチップの効果により、
雨音を軽減してくれる効果もありますので、生活環境もより
過ごしやすくしてくれる商材になります。



棟板金部分も施工しましたら屋根カバー工事も完成です。
雨漏りしていた天窓部分もしっかりと塞いでカバーしましたので、
これで当面は雨漏りの心配もなく過ごせそうです。

ガイソー所沢店ではこうした屋根カバー工事、屋根修理、
その他屋根葺き替え工事なども行っています。

見積もりや点検は無料ですので、お気軽にご連絡ください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




























悪天候でも剥がれにくい高耐久軽量屋根材でカバー工法 屋根 メンテナンス 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での屋根カバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー・外壁塗装 屋根カバー工事 (18).jpg

こちらのお宅は築30年を迎え、スレート屋根に傷みがあり、
モルタル外壁にも色褪せやヒビがあるのが確認されました。
そのため、屋根はカバー工事によるリフォーム、
外壁部分は補修を行い新しく塗装リフォームをすることになりました。
屋根は棟板金を取り外して写真のように防水紙を施工しましたので、
今回は新しい屋根材の施工を行っていきます。



防水紙の上から新しく軽量の屋根材、デグラ社のセネターを施工していきます。
セネターが粘土瓦のおよそ9分の1という軽さになりますので、
重量のある粘土瓦などからの葺き替え工事や、屋根重量をなるべく軽減したい
屋根カバー工事にうってつけの屋根材になります。
表面上には天然のストーンチップも施工してありますので、
雨音の軽減効果も期待でき快適な生活環境をサポートします。



今回は換気棟も施工しますので、写真のように屋根内部の
熱気や湿気を逃がせるように換気口を設けていきます。
換気棟は夏場に屋根内部に籠った熱気、梅雨時期の湿気などによるカビや
冬場に多い結露を防ぐという効果も期待できます。
屋内の湿度や室温も快適にするサポートにもなりますので、
湿気や熱気、結露などにお困りの際にはぜひ施工してみてください。



最後に棟板金をしっかりと施工し固定、屋根カバー工事の完成です。
セネターは悪天候時にも剥がれにくい独自のインターロック工法という
施工方法により屋根材が固定されますので、耐久性の面でも安心です。

ガイソー所沢店ではこうした屋根カバー工事による補修リフォーム、
その他葺き替え工事や屋根塗装リフォームなども行っていますので、
屋根の劣化や傷みでお困りの際には、ぜひ一度ご連絡ください!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png









アスベストのスレート屋根を超軽量屋根に葺き替え工事 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市での屋根葺き替え工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根葺き替え 外壁塗装 屋根葺き替え工事 (6).jpg

こちらのお宅は既存のスレート屋根材が人体に悪影響のある
アスベストを含むスレート屋根材でしたので、葺き替え工事により
リフォームすることになりました。
そのため、既存のスレート屋根材を粉じんが出ないように
注意しながら全て剥がし、新しい下地となる野地板を施行し、
その上から写真のような防水シートを施工していきました。

使用している防水シートはカッパ21と呼ばれる商材で、
改質アスファルトルーフィングという種類の防水紙になります。
耐久性及び防水性が非常に高く、タッカーによる打ち付けでも弾力性があるため、
ビス穴から水が入り込みにくい仕様になっています。



防水シートを屋根全体に施工しましたら、続いて新しい屋根材を施工します。
今回取り付けていく商材はデグラ社のセネター(SENATOR)という屋根材になります。
日本の住宅は色々な種類がありますが、そのどれともマッチするような落ち着いた色合いと、
ガルバリウム鋼板の表面に施工された天然ストーンチップが特徴の屋根材になります。
意匠性も高く施工もしやすいため、最近では多くの方が施工されております。



破風部分も傷みがありましたので補修を行っていきます。
こうした箇所もしっかりと防水紙を入れて防水性・耐久性を向上させます。
特に破風は風を受けたりして劣化しやすく、雨により腐食も起こりやすいです。
そのため、できれば屋根の点検やメンテナンスのタイミングで一緒に
補修などを行った方が安心でしょう。



しっかりと破風も補修し、板金も施工していきます。
その他、セネター(SENATOR)は重量が粘土瓦の9分の1程度という
軽量さで30年の材料品質の保証付き、さらには美観保証も10年ついています。
美観に関していえば、セネターはストーンチップが施工されておりますので、
基本的には他のスレートや金属屋根などと比べて、サビや色褪せなどが起きないため、
メンテナンスフリーになり非常に経済的にもお得になります。
こうした優れた機能性があるのに、さらに保証も付いているというのは驚きですね!



屋根頂部もしっかりと棟板金を施工して固定しましたら完成です!
セネター(SENATOR)は耐風性もある商材ですので、
これから夏場に向けての台風の時期への備えなどには非常におススメです。
一枚一枚が独自の工法により固定されていますので、
捲られにくく、悪天候時でも安心して過ごせる屋根材です。

ガイソー所沢店ではこうした優れた屋根材による葺き替え、
屋根カバー工事などを行っておりますので、
リフォームしてみたい方は、ぜひお気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店