狭山市近隣地域の皆様へ 雨漏りの原因と対策を徹底解説!




こんな症状はありませんか?
・天井に雨染みがある
・壁にしみがある
・壁紙が剥がれているところがある
・木材が傷んでいる

屋根の不具合でできたわずかな隙間も致命的です。
そこから雨が侵入し雨漏りへとつながります。




屋根の頂部に設置された棟板金と呼ばれる場所は、建物の一番高いところということもあり
風の影響を受けるので傷みやすく台風などでの被害も受けやすいです。

棟板金を固定している釘が浮いていたり、抜け落ちているとその隙間から雨水は侵入していきます。
固定ができていないと、強風の際に棟板金がお隣さんへ飛散してしまったというケースもあります。



屋根材が割れ欠けやズレがある場合も、そこからの雨の侵入は避けられません。



屋根材が劣化している。
金属屋根はさびが広がっているまま長く放置していると、穴があいてそこから雨が侵入しますし、瓦屋根は丈夫ですが、漆喰が崩れてしまえば雨の侵入を許してしまいます。



スレート屋根の塗装の際に縁切りをおこなわないと雨漏りを誘発します。
これは屋根と屋根の間にある隙間を塗料で埋めてしまい、雨水や水蒸気の道がなくなってしまうことが
原因で起きる状態です。



雨漏りは屋根からだけではありません。
外壁にできたクラックと呼ばれるひび割れや目地コーキングにできた隙間からも
雨の侵入はあります。
横に走ったひび割れやひびの溝が深い場合は、深刻です。
早めの処置が必要です。



雨漏り事例が多いのがベランダからの雨漏りです。

原因が最も多く、部屋に直接つながっている事も多いことから、雨漏りしやすく
その原因を突き止めるのがとても大変な場所でもあります。

床にひび割れが入っていたり、排水口にゴミが溜まっていたり、笠木の劣化などの
気を付けなればならないポイントがいくつもあります。



雨樋の不具合も雨漏りにつながります。
雨樋は室内との関連はないように思いますが、雨が外壁を濡らさないように設置された雨樋が
その機能をしっかり果たせず、雨を溢れさせてしまっていたら、外壁を伝う雨水はクラックに
入り込み、雨漏りを引き起こす原因へとつながります。



天井や外壁にシミを作るのは雨漏りだけとは限りません。

水道管や配水管からの漏水ということも考えられます。
シミのできる場所に水道管や配水管があった場合は、そこからの漏水を疑ってみましょう。
水道メータを確認する事も重要です。

急に雨漏りが起こったが原因がわからない!どんな補修ができるのか聞きたい!など
雨漏りで不安やお困りごとのある方はガイソー所沢店へお気軽にご相談下さい。

雨漏りは発生から時間が長く経過するほど、建物の下地や構造の傷みが進みます。
原因を徹底的に追及して、早めの対処が必要です。

ガイソー所沢店では点検・調査・お見積りまで全て無料で行っております♪




gaiso.png
gaiso2.png

アスベストのスレート屋根を超軽量屋根に葺き替え工事 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市での屋根葺き替え工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根葺き替え 外壁塗装 屋根葺き替え工事 (6).jpg

こちらのお宅は既存のスレート屋根材が人体に悪影響のある
アスベストを含むスレート屋根材でしたので、葺き替え工事により
リフォームすることになりました。
そのため、既存のスレート屋根材を粉じんが出ないように
注意しながら全て剥がし、新しい下地となる野地板を施行し、
その上から写真のような防水シートを施工していきました。

使用している防水シートはカッパ21と呼ばれる商材で、
改質アスファルトルーフィングという種類の防水紙になります。
耐久性及び防水性が非常に高く、タッカーによる打ち付けでも弾力性があるため、
ビス穴から水が入り込みにくい仕様になっています。



防水シートを屋根全体に施工しましたら、続いて新しい屋根材を施工します。
今回取り付けていく商材はデグラ社のセネター(SENATOR)という屋根材になります。
日本の住宅は色々な種類がありますが、そのどれともマッチするような落ち着いた色合いと、
ガルバリウム鋼板の表面に施工された天然ストーンチップが特徴の屋根材になります。
意匠性も高く施工もしやすいため、最近では多くの方が施工されております。



破風部分も傷みがありましたので補修を行っていきます。
こうした箇所もしっかりと防水紙を入れて防水性・耐久性を向上させます。
特に破風は風を受けたりして劣化しやすく、雨により腐食も起こりやすいです。
そのため、できれば屋根の点検やメンテナンスのタイミングで一緒に
補修などを行った方が安心でしょう。



しっかりと破風も補修し、板金も施工していきます。
その他、セネター(SENATOR)は重量が粘土瓦の9分の1程度という
軽量さで30年の材料品質の保証付き、さらには美観保証も10年ついています。
美観に関していえば、セネターはストーンチップが施工されておりますので、
基本的には他のスレートや金属屋根などと比べて、サビや色褪せなどが起きないため、
メンテナンスフリーになり非常に経済的にもお得になります。
こうした優れた機能性があるのに、さらに保証も付いているというのは驚きですね!



屋根頂部もしっかりと棟板金を施工して固定しましたら完成です!
セネター(SENATOR)は耐風性もある商材ですので、
これから夏場に向けての台風の時期への備えなどには非常におススメです。
一枚一枚が独自の工法により固定されていますので、
捲られにくく、悪天候時でも安心して過ごせる屋根材です。

ガイソー所沢店ではこうした優れた屋根材による葺き替え、
屋根カバー工事などを行っておりますので、
リフォームしてみたい方は、ぜひお気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




屋根葺き替え工事でアスベスト含有屋根を撤去し野地板を施行 狭山市


こんにちは!
本日は狭山市での屋根葺き替え工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根葺き替え 外壁塗装 施工前 (6).jpg

こちらのお宅は現状の屋根がアスベストを含むスレート屋根のお宅であり、
リフォームを行って屋根材を剥がしてしまいたいというご相談でした。
そのため、傷んだスレート屋根材を全て剥がし撤去、
外壁や付帯部箇所も同時に塗装によりリフォームしキレイにすることになりました。

そのため、高圧洗浄を行った後、写真のように傷んだスレート屋根材を
アスベストの飛散に十分注意しながら剥がし作業を行い、
屋根の葺き替え工事を行っていきます。



スレート屋根材を全て剥がしていきましたら、写真のように野地板を施行していきます。
屋根のリフォームの方法には主に3種類あります。一つは今回の「葺き替え」
そして既存の屋根材の上からまた屋根材を施工していく「カバー」による工法、
さらに傷みが酷くない場合には屋根材の「塗装」だけで済ませる方法もあります。

現状の屋根のリフォームを行う際にどれが良いのかについては、
営業社員がしっかりと既存の屋根の状態や施工状況などを把握してから、
お客様の予算や都合に合わせて最適なプランなどをお渡しします。
屋根リフォームでご心配なことがありましたら、相見積もりも可能ですので、
ぜひお気軽にご相談ください♬



全面に隙間なくしっかりと固定させて野地板を施行していきます。
野地板は役割として屋根材を支える土台部分になりますので、
この部分の施工が適切に行われていないと、屋根材が剥がれやすくなる恐れがあります。
野地板の下には垂木と呼ばれる骨組みがありますがその上に施工し、
さらに上から防水紙を施工することで、屋根に層を作っていきます。



野地板の施工が無事終わりましたら、今度は防水紙を敷いていきます。
防水紙には様々な種類がありますが、今回は改質アスファルトルーフィングシートを使用していきます。
写真のように軒先から、横方向にシートを広げていき、覆い隠すようにしていきます。
野地板もそうですが、この防水紙も雨漏りを防ぐ役割がありますので、
この2つが適切に施工されておりませんと、いくら良い屋根材であっても
しっかりと防水することはできませんのでご注意ください。

ガイソー所沢店ではこうした屋根リフォーム作業を
所沢市、入間市、狭山市、飯能市、川越市や日高市といった地域で行っております。

ご自宅の屋根の劣化や損傷が気になりましたら、お気軽にご相談ください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店