経年劣化で色褪せたサイディングの外壁塗装リフォーム 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での外壁塗装リフォームのご紹介です。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 外壁塗り替え (2).jpg

こちらのお宅は築15年の飯能市の一軒家になります。
外壁サイディングが傷んで汚れており、目地部分もひび割れが酷かったため、
メンテナンスのためリフォームすることになりました。
屋根部分も高耐久のフッ素樹脂塗料、ガイソールーフガードネオF
色褪せて劣化していたスレート屋根を塗り替えました。
今回は続けて外壁塗装によるメンテナンスを行います。



下塗りでしっかりと下地処理を行いましたら中塗り、
そしてさらに重ね塗りで上塗り塗装リフォームを行います。
今回はガイソーウォールフッ素4FⅡという塗料を使用します。
こちらは様々な外壁塗料の中でも特にグレードの高い
「超高耐候性」を有している外壁塗料になります。
そのため、長期間に渡り光沢を維持してくれる効果があります。



上塗り塗装も終わり乾燥させましたら外壁塗装リフォームの完成です。
艶のある外観がとても際立っており、見栄えも良いですね。
またガイソーウォールフッ素4FⅡはひび割れしにくい
フレキシブル性もありますので、サイディングだけでなく、
モルタル外壁のお宅にもおススメの外壁塗料になります。



別の角度から撮影した外壁部分になります。
外壁サイディングも経年劣化で割れや剥がれが発生したり、
色褪せにより防水性が低下し雨漏りを起こすこともあります。

外壁部分の傷みが酷くなってきましたら、早めにメンテナンスをして
しっかりと備えておくことが雨漏りなどを防ぎますので、
見つけたらぜひ、補修や塗装などを検討しましょう!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

























外壁塗り替えリフォームでひび割れたモルタル外壁の補修 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市で行った外壁塗り替えリフォームをご紹介します。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 現地調査 (5).jpg

今回リフォームすることになったのは、こちらの所沢市のお宅です。
築17年でスレートはコケが繁殖し、モルタル外壁はひび割れや
色褪せも発生しており、防水性が落ちている状態でした。
そのため、屋根はカバー工事で高耐久のGL鋼板屋根材にリフォームしました。
外壁も今回塗り替えのリフォームを行っていきます。



リフォーム前は上の写真のようにサッシ部分からの雨筋汚れ、
そしてモルタル外壁の微細なひび割れが発生していました。
モルタル外壁は塗料の効果が切れてきますと、
防水性が落ち水分を吸収しやすくなります。
そうなると膨張・収縮しやすくなりひび割れが発生しやすくなりますので、
定期的に塗り替えが必要になってきます。



外壁塗り替えリフォームはまず洗浄で汚れを落としてから、
下塗り作業を行っていきます。
この下塗り塗装作業で、メインとなる中塗り・上塗り塗料の
密着効果を高めて耐久性の高いリフォームを行っていきます。



下塗り塗装後は乾燥させてから中塗りへと進みます。
今回は外壁塗り替えの新しい塗料としてGWタフネスシリコンを使用します。
セラミック配合の高耐久シリコン樹脂塗料ですので、
耐久性が高くまた汚れにも強い性質があるため、
長く住宅の美観を保持したい方にはおススメの塗料です。



さらに上塗りも終えて乾燥させましたら外壁塗り替えリフォームの完成です。
外壁塗装はこのように下塗り、中塗り、上塗りと3回工程で行います。
作業は手作業でローラーを使用しますので時間は掛かりますが、
その分仕上がりはキレイになり、美観も良くなります。

モルタル外壁は大体10年程度が点検時期になりますので、
必要であれば塗り替えを検討してみてください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png



















強風にも強い高耐久屋根材にてカバー工法による屋根補修リフォーム 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市での屋根カバー工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 カバー工事 (1).jpg

今回リフォームすることになりましたのは、こちらの所沢市の
築17年の住宅になります。屋根はスレート屋根で色褪せが酷く、
外壁もひび割れや汚れがありましたので、屋根はカバー工事で、
外壁は塗装リフォームをすることになりました。
屋根は既存の棟板金を取り外して、写真のように新しい
下葺き材を施工してカバー工事に入っています。



下葺き材として使用しているのはカッパ21という
高耐久の改質ゴムアスファルトルーフィングシートです。
アスファルトとあることから分かるように、道路にも使用されている
アスファルト材が使われていますので、耐熱性や耐寒性もあり、
防水性も高い下葺き材になります。
その上から今回新しくFSストーンという屋根材を取り付けていきます。



FSストーンは福泉工業社という企業が開発した
ストーンチップが表面に施工された高品質な屋根材です。
基材にはGL鋼板が使われているため耐久性も高く、
ストーンチップの粒自体が他社製に比べて丸みがあるため、
砂塵やホコリなどが付着しにくくなっているという利点もあります。
また、独自の固定方法でしっかりと施工しますので、強風にも強いです。



最後に棟板金部分も施工して、今回は換気棟も取り付けます。
換気棟は写真のように屋根内部から外部に籠った湿気や熱気を
放出できるような隙間を設けておき、雨漏りや結露の原因となる
湿気を放出する役割があります。

夏場の屋内のこもった熱気や、冬場の結露が酷い場合には、
換気棟などを取り付けてみると解決するかもしれません。
お困りの方はぜひ設置を検討してみてください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png














1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店