外壁塗り替えリフォームでひび割れたモルタル外壁の補修 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市で行った外壁塗り替えリフォームをご紹介します。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 現地調査 (5).jpg

今回リフォームすることになったのは、こちらの所沢市のお宅です。
築17年でスレートはコケが繁殖し、モルタル外壁はひび割れや
色褪せも発生しており、防水性が落ちている状態でした。
そのため、屋根はカバー工事で高耐久のGL鋼板屋根材にリフォームしました。
外壁も今回塗り替えのリフォームを行っていきます。



リフォーム前は上の写真のようにサッシ部分からの雨筋汚れ、
そしてモルタル外壁の微細なひび割れが発生していました。
モルタル外壁は塗料の効果が切れてきますと、
防水性が落ち水分を吸収しやすくなります。
そうなると膨張・収縮しやすくなりひび割れが発生しやすくなりますので、
定期的に塗り替えが必要になってきます。



外壁塗り替えリフォームはまず洗浄で汚れを落としてから、
下塗り作業を行っていきます。
この下塗り塗装作業で、メインとなる中塗り・上塗り塗料の
密着効果を高めて耐久性の高いリフォームを行っていきます。



下塗り塗装後は乾燥させてから中塗りへと進みます。
今回は外壁塗り替えの新しい塗料としてGWタフネスシリコンを使用します。
セラミック配合の高耐久シリコン樹脂塗料ですので、
耐久性が高くまた汚れにも強い性質があるため、
長く住宅の美観を保持したい方にはおススメの塗料です。



さらに上塗りも終えて乾燥させましたら外壁塗り替えリフォームの完成です。
外壁塗装はこのように下塗り、中塗り、上塗りと3回工程で行います。
作業は手作業でローラーを使用しますので時間は掛かりますが、
その分仕上がりはキレイになり、美観も良くなります。

モルタル外壁は大体10年程度が点検時期になりますので、
必要であれば塗り替えを検討してみてください♫

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png



















狭山市の外壁塗装でコスパに優れた高耐久シリコン塗料による外壁補修


こんにちは!
本日は狭山市で行った外壁塗装の様子を見ていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 現地調査 (7).jpg

今回リフォームを行っているのはこちらのお宅になります。
築14年で屋根や外壁に劣化や傷みが見られましたので、
塗装による塗り替えリフォームでメンテナンスをすることになりました。
屋根はスレートでしたが高耐久なフッ素樹脂塗料で塗り替え、
外壁も新しく塗装することで耐久性を高めていきます。

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 外壁塗り替え (7).jpg

下塗りでは密着効果を高めるため施工性の良いGWカチオンシーラーを塗布、
そして乾燥させて中塗り・上塗り塗装を行っていきます。
こうした塗装リフォームの効果はお住いの美観を良くするためだけでなく、
防水性を維持したり、汚れや紫外線から劣化を防いだりする効果もあります。
外壁材も様々なものがありますが、時間がたてばどれも色褪せて劣化してきますので、
10年に一度程度は点検などを行うと良いでしょう。



今回は中塗り塗料として新しくシリコン樹脂塗料を施工します。
GWタフネスシリコンⅡという高耐久で、セラミックを配合している
高耐候性・低汚染性に優れたアクリルシリコン樹脂塗料になります。
雨筋汚れを防止するとともに、防カビや防藻性などもある塗料ですので、
長くお住まいをキレイに、建物を守りたい方におススメな塗料です。



中塗り塗装を終えましたら上塗りで仕上げていきます。
高耐久な塗料をこうして重ね塗りすることで、耐久性を高めていきます。
ガイソーウォールタフネスシリコンⅡは性能もよくコストパフォーマンスも
優れた高耐久シリコン樹脂塗料ですので、外壁リフォームの際には
ぜひこちらも候補にしてみてください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











































外壁塗装前に知っておくべきシリコン塗料のメリットやデメリット 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市の方々へ、外壁塗料で良く使用されるシリコン塗料の
メリットやデメリット、また塗料のタイプについてもご紹介します。



シリコン塗料のメリット、デメリットとは?

以前のコラムでシリコン塗料の歴史、そして特徴などに関して
その時代背景も併せて見ることでご説明しましたが、今回はメリットとデメリットを見ていきます。
外壁塗料には色々な特性や性質がありますので、
塗装リフォームで塗料選びに悩まないよう、簡単な概要は知っておきましょう。

4112098_s.jpg

シリコン塗料のメリット

コストパフォーマンスに優れており、値段が性能の割に安い
・塗膜が硬く耐久性があり、撥水性もある
様々な用途で使用することができ、施工性もよい
・光沢保持の面で優れており、汚れもつきにくい
・耐熱性が非常に優れており、暑い地域でも使用可能



シリコン塗料のデメリット

・耐久性や機能性では無機塗料フッ素塗料に比べると劣る
・シリコン含有量によって性能が異なるため、様々な種類のシリコン塗料があり、
 商品の機能性が分かりにくい
攪拌する手間、また取り扱うのに知識や経験が必要

「1液型」と「2液型」の違いや溶剤や弱溶剤、水性とは?

シリコン樹脂塗料にも色々なメリット、そしてデメリットがあるんですね。
また、塗装リフォームで使う塗料には「1液型」「2液型」いった分類があります。
さらに主成分の違いで溶剤、弱溶剤、水性といったタイプの違いもあります。

1液タイプ・・・主剤と硬化剤が一つのもので両方含まれており、水やシンナー等で薄めて使う。
2液タイプ・・・主剤と硬化剤が分けられているタイプで、混合して使用する

塗料 水性 溶剤 弱溶剤 違い.jpg

また、水性や溶剤などの違いに関しては上記図のような違いがあります。
外壁リフォームの際にはぜひこうした点も考慮して塗料を検討してみてください!
ガイソー所沢店ではお住いのリフォームに関する疑問や悩み、
その他こうした塗料選びに関してもサポートしています♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

















1  2  3  4  5  6  7  8  9
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店