狭山市|古びた瓦屋根をガルバリウム鋼板屋根へ葺き替え~屋根リフォーム!


こんにちは!
所沢市、狭山市、入間市を中心に、
屋根工事・外壁塗装を手がける外装リフォーム会社、
ガイソー所沢店です。


前回に引き続き、
狭山市・F様邸のリフォームです。
今回は、屋根のリフォームの工程をご紹介します。

何段階もの工程を経て、
丁寧に設置されるガルバリウム鋼板屋根へのリフォーム。
見応えのある工事です。

ぜひご覧下さい!



今までの記事はこちらから♪
狭山市|瓦からガルバリウム鋼板屋根へ~現地調査および屋根リフォームのメリット

***************************

まず、既存の瓦をめくります。

2024_05_22_21_23_24_339_10.jpg

瓦の下はこのような感じになっています。
なかなか見られない、貴重な一場面です。

今でこそ、下葺き材はルーフィングシートが主流ですが、
ひと昔前は、杉皮や葺き土が使用されていました。



瓦を一枚一枚、丁寧にはがします。

2024_05_22_21_23_24_352_13.jpg



瓦や桟木(瓦をひっかける横長の木材)を、
すべて剥がし終わりましたら、野地板を張ります。

2024_05_22_21_23_24_378_19.jpg



野地板の上に、さらにコンパネを張ります。

2024_05_22_21_24_00_779_3.jpg



さらに、下葺き材となる、
改質ゴムアスファルトルーフィングを張ります。

2024_05_23_05_58_17_872_2.jpg


この下葺き材は「カッパ23」という商材です。

良質な改質アスファルトを芯材として、
鉱物や樹脂、合成繊維不織布でコーティングした、
優れた施工性をもつ製品です。

柔軟性がありながらも、たいへん硬く、
雨水の浸入を強力に防ぎます。



そしていよいよ、
ガルバリウム鋼板屋根 シルキーG2の屋根材でカバーしていきます。

2024_05_24_18_43_33_202_1.jpg

こちらは「シルキーG2」という屋根材です。

日本瓦が1坪あたり150㎏重量があるのですが、
シルキーG2は、なんと17㎏!
約10分の1の軽さです。

屋根が軽くなることで、地震などの揺れも小さくおさえられ、
建物への負担がかかりにくくなるため、耐久性が高まります。


このような優れた機能性にくわえ、
水平の美しいデザインにも定評が。
カラーバリエーションも4色あり、
なりたい雰囲気に合わせて、屋根材を選ぶことができます。


さらに、塗膜保証15年穴あき保証25年もの保証付き。
かゆいところに手が届く、心強い商材ですね!




最後は、棟板金の施工です。

まずは、下地の木材・貫板を設置します。

2024_05_24_18_43_33_222_4.jpg


今回は、換気棟も取付けます。

換気棟とは、屋根の棟に穴を開け、
屋根裏の空気を自然に換気することで、
温度や湿度を下げ、快適な空間にする部材です。


この部分に、穴が開いています♪

2024_05_24_18_43_33_252_10.jpg


穴から、雨水が入ってこないの?
というご質問を、たまにいただきますが、
換気棟の構造上、その心配はまずありません。
ご安心くださいね♪



換気棟が取り付けられました!

2024_05_24_18_43_33_258_11.jpg

赤い丸の部分が換気棟です。

気密性の高い、最近の住宅には欠かせない部材。
空気の性質を利用して自然に換気できるシステムというのが、
いいですよね!



屋根は、お家全体の意匠性や耐久性に、
多大な影響をおよぼします。

社長が元屋根職人という弊社、
屋根リフォームには、並々ならぬこだわりがあります。
工事を検討中の方は、ぜひお気軽にご相談下さい♪






入間市|屋根リフォーム工事、第三の選択肢!自慢の「屋根カバー工法」


こんにちは!

所沢市、狭山市、入間市を中心に、
屋根工事・外壁塗装をしている外装リフォーム会社、
ガイソー所沢店です。

前回に引き続き、入間市・T様邸のリフォーム、
ご紹介する工程は「屋根カバー工事」です。



葺き替えでもなく、塗装でもない、
第三の選択肢として注目の「屋根カバー工法」。
施工出来ない業者も多い中
ガイソー所沢店では多くの施工実績を誇っています

社長が元屋根職人という経歴からもわかるとおり、
屋根には一家言ある弊社。
自慢の屋根カバー工法、ぜひ最後までご覧下さい!




今までの記事は、こちらです♪
【現地調査】入間市 まだらに退色した屋根、ひび割れたコーキングを確認!
入間市|バイオ高圧洗浄で苔やカビを根こそぎ落とす!塗装面をすっきりと♪

********************

まずは、棟板金をはずします。

2024_04_01_16_07_59_474_22.jpg

下葺き材・貫板(ぬきいた)が出てきました。
木材が劣化している様子がわかりますね。

雪止めの金具がついている場合は、
それも取り外します。




屋根が、つるんと平面になりましたら、
ルーフィングシートを張ります。

2024_04_01_16_07_59_474_16.jpg

改質ゴムアスファルトルーフィングの
カッパ23」という下葺き材です。

屋根カバー自体ももちろん防水性はありますが、
それだけでは屋根に負担がかかりすぎるため、
下葺き材でも防水、
二重に防水をしていきます。



木造が多い日本の住宅において、
雨水からお家を守ることは最優先事項

屋根防水の最後の砦が、
ルーフィングシートであるといえます。




次に、屋根カバーです。

2024_04_01_16_07_59_474_9.jpg

品質保証30年美観保証10年のメーカー保証がついた、
超軽量屋根「セネター」です。

シンプルでありつつ、
どこかモダンなデザインと、
メンテナンスフリーの耐候性の高さが特徴です。



独自のインターロック工法でしっかりと固定するため、
台風に強く、
2019年千葉をおそった大型台風・台風15号の際にも、
セネターの被害は一切なかった、という実績があります。

頻繁にリフォームすることのない屋根、
長く続く安心は、たいへん心強いですよね!



さらにT様邸では、
換気棟を設置していきます。

2024_04_01_16_07_59_473_0.jpg

棟の中央に、
穴が開いているのがわかりますか?

この穴から、
屋根裏のこもった空気が換気されることとなります。



上にカバーを被せていきます。

2024_04_01_16_06_50_140_39.jpg


2024_04_01_16_06_50_140_36.jpg


暖かい空気が上へあがっていく性質を利用して、
屋根裏にこもる熱い空気を逃し、
外気を取りこむ換気棟。

空気が入れ替わることで
屋根裏の室温が下がり
お家全体に良い影響をもたらす部材です。



気密性の高い日本の住宅には、
もはや欠かせない存在です♪

屋根のリフォームをお考えでしたら、
換気棟の設置も、ぜひご検討下さい!




次の工程は、
コーキング工事です。
次回もどうぞお楽しみに♪







日高市 屋根リフォーム 第3の選択肢☆屋根カバー工法の工程紹介します


こんにちは!

引き続き、日高市・M様邸のリフォーム、
今回は屋根カバー工事です。


屋根のリフォームというと、
「葺き替え」や「塗装」というイメージをお持ちかと思いますが、
「屋根カバー工法」という選択肢があること、ご存知ですか?

屋根カバー工法とは、
既存の屋根の上に、屋根カバー材を被せるリフォーム方法です。

(わたしも弊社に入社してから、初めて知りました!)


日高市・M様邸の作業工程を通して、
屋根カバー工法がどのようなものか、ご紹介できたらと思います!



今までの記事は、こちらから♪
【現地調査】日高市 ボロボロの屋根、ひび割れたコーキングを確認!
日高市 洗浄剤にバイオをプラス!カビや汚れを落とす外壁高圧洗浄♪

***************************

屋根カバー工法をおこなう際は、
まず、
屋根の棟板金および雪止めの金具を撤去します。

上から屋根材を被せますので、
なるべく凹凸のない、
平たい状態にしたいということですね。

2023_10_24_20_54_47_565_4.jpg

棟板金を固定する際の下地となる、
貫板も撤去します。

ずいぶんさっぱりしました!



次に、
下葺き材である防水紙を張っていきます

このように巻物状になっている防水紙を、
隙間なく張り巡らせていきます。

2023_10_24_20_54_47_593_10.jpg


2023_10_24_20_55_40_003_1.jpg

この防水紙は、
カッパ23という商品名の、改質ゴムアスファルトルーフィングです。

良質なアスファルト含浸紙を芯材にして、
合成繊維不織布などをコーティングした、耐久性の高い防水紙で、

・優れた釘穴シール性
・優れた施工性
・強靭な引裂強さ

という特長をもっています。

触ってみると、
ゴムらしい柔軟性がありつつも、大変に強靭!
相当の力をもってしても破れない、強度があります。


屋根防水は、
屋根自体が持つ防水効果(1次防水)と、
防水紙による防水(2次防水)の、
2段階で防水する仕組みになっています。

防水紙は、
屋根防水には欠かせない、重要な部材です。



いよいよ、屋根カバーです。

2023_10_24_20_55_40_040_7.jpg


2023_10_24_20_55_40_075_15.jpg

既存の屋根に、
シルキーG2を被せていきます。

被せるといっても、
もちろん、ただ乗せるだけではありません。

重なり段差が出ない接合方式を採用
見た目にも美しく、
しっかりと屋根を留めつけていきます。


さらに、シルキーG2は、
穴あき保証25年赤さび保証20年塗膜保証15年と、
多くの保証がついた優秀商材。

見た目の美しさとともに、
性能も確かな屋根カバー材なのです。




また、これは屋根カバー工法全般に言えることですが、
屋根が二重になっていますので、
遮音性・遮熱性もアップ
静かで快適な住環境で、暮らすことができます。


さらに、M様邸では、
屋根に換気棟を設置し、居住性がもう一段階アップ!

2023_10_24_20_58_27_735_13.jpg

換気棟によって、
屋根裏空間のこもった空気を、自然に排出することができます。




~屋根カバー工事の工程をご紹介してきましたが、
屋根カバーについて、
なんとなくおわかりいただけましたでしょうか?


塗装よりも長持ちし、
既存の屋根を撤去しないため、解体が必要なく、
既存の屋根を処分する手間や費用がかからず、
なおかつ、工期も短くて済む、屋根カバー工法。


屋根のリフォームをお考えの方は、
ぜひ選択肢の一つとして、検討されてみて下さいね♪



次回の工程は、コーキング工事。
次回も、どうぞお楽しみに♪



1  2  3  4  5  6
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店