適切な屋根補修の時期と点検箇所を知って雨漏りに備えましょう! 狭山市


こんにちは!
今回は狭山市のみなさんへ雨漏りを防ぐために点検すべき屋根のポイント、
補修などの時期について解説していきます!
天気も悪く雨が多くなってきた夏場から秋前のこの時期、
ぜひ一度ご覧になって雨漏りに備えましょう。



雨漏り防止のための屋根の点検ポイント


変換 ~ 日高市 屋根・外壁塗装 現地調査 (8).jpg

まずは屋根からの雨漏りを防ぐために、
どういった劣化現象に注意した方が良いか確認しておきましょう。

① ひび割れや破損などの屋根の傷みが発生していないか
→ 傷んで破損した箇所から水が浸透して雨漏りに繋がります。

② コケ、汚れなどで屋根が傷んで、腐食していないか
→ 雨水を含むとコケは繁殖し屋根を傷めますので、早めに洗浄が必要です。

③ 棟板金の釘の浮き、ズレ、剥がれなどはないか
→ 防水の役割を担う板金が外れますと、雨漏りの可能性が高まります。

④ 屋根の塗料が薄くなり色褪せが進んでいないか
→ 屋根塗料には防水の役割もあるため、色褪せが進んでいましたら
  塗装によるメンテナンスも必要になります。



⑤ 雨樋に歪みや破損、ひび割れが発生していないか
→ 排水機能のある雨樋が不具合を起こしますと、
  水浸しになったり雨漏りになる可能性が高まります。

⑥ 水が溜まりやすい外壁と屋根の接合部分、谷棟部分などに不具合がないか
→ 雨などで水が大量に流れる箇所や通る箇所は、
  不具合が起こりますと雨漏りしやすいため要注意です。

こうした箇所の屋根チェックは自分で行うのは難しいですし危険です。
なるべく専門業者に頼んで傷んだ箇所は見てもらいましょう。

屋根を補修、もしくは点検する時期の目安に関して




また、適切なタイミングで補修を行うためにも、
屋根のメンテナンス・補修の時期などに関しても知っておくと良いでしょう。
屋根材によって耐久性が異なることから、時期も違いますので下記をご覧ください。

① スレート屋根材・金属屋根材の場合・・・およそ10~15年
→ 屋根表面の塗料の剥がれ具合、スレートの劣化や破損などがないか見ておきたいところです。
  金属屋根も古くなりますと錆びてボロボロになりますので注意しましょう。

② 瓦屋根の場合・・・およそ20年程度
→ 瓦屋根は地震などによるひび割れ、ズレなどが発生しやすいです。
  漆喰も経年劣化で崩れて、雨漏りの危険性がありますのでチェックしましょう。

さらに、下記の様な時期などもチェックしておくとより安心です。

① 梅雨前の時期や夏の台風の時期など
→ 雨の多い季節はできればその前に点検などを行っておくと、
  いざという時に雨漏りなどの心配がなく安心です。

② 大きな地震などが発生した際など
→ 地震は特に瓦屋根などの重量のある屋根が影響を受けやすいです。
  ズレや崩れなどがないか点検してもらいましょう。
  
屋根の点検や調査などはガイソー所沢店でも随時行っておりますので、
気になることがありましたらお気軽にご相談、お問い合わせください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











屋根の雨漏り点検方法や点検の時期について 入間市の方へ


こんにちは!
本日は入間市のみなさんへ屋根からの雨漏りを防止するための点検、
また点検を行う時期などについてご紹介していきたいと思います。
悪天候でゲリラ豪雨なども多い今の時期、ぜひ本コラムを参考にして頂き、
大切な住まいを守るための対策をしてみてください!

入間市 屋根 雨漏り 点検 ポイント.jpg

雨漏りを防ぐための屋根の点検ポイント


変換 ~ 日高市 屋根・外壁塗装 現地調査 (8).jpg

最初に雨漏りを起こす可能性がある箇所、
どういった部分を点検したらよいか把握しましょう。

① 屋根自体に破損やヒビなどの発生が起きていないか
→ 破損した部分に雨水が溜まりますと、やはり雨漏りが起きます。

② コケや汚れなどが発生し傷んでいないか
→ コケは雨水を吸って屋根材を傷め、汚れも屋根材の寿命も縮めます。

③ 板金部分のズレ、釘などの浮き、剥がれなどはないか
→ 板金が剥がれますと一気に雨漏りの可能性が高まります。

④ 色褪せなどが発生し塗料の効果が切れていないか
→ 屋根などに施工する塗料は防水の効果もありますので、色褪せが進みましたら
  雨漏りを防ぐためにも塗り替えを検討しましょう。



⑤ 雨樋にひび割れやゴミの詰まりなどが起きていないか
→ 雨樋に不具合がありますと一気に雨漏りになります。
  早めにチェックしておくと安心でしょう。

⑥ 谷形状になっている棟部分、水が溜まりやすい外壁との接合部分が傷んでいないか
→ 水が集中的に集まり流れる箇所や溜まりやすい部分は、
  特に点検を重点的に行い雨漏りに備えておきたいところです。

当然ながら屋根のチェックはなかなか難しいかと思いますし何より危険です。
基本的にはプロである業者に頼んで気になる部分は見てもらいましょう。
もし、自分で行う場合には命綱や数人体制でしっかりと安全確保し、
十分に気を付けながら行うようにしてください。

屋根を補修、もしくは点検する時期の目安に関して




また、屋根の点検や補修の時期などに関しても
知っておくとより雨漏りなどの不具合を防ぐことができるでしょう。
屋根材別に時期は異なりますので、下のまとめを参考にしてみてください。

① スレート・金属などの屋根場合・・・約10~15年
→ 屋根塗料の劣化や剥がれ、スレートの場合は割れやひびなどがないか点検しておきたいところです。
  金属屋根に関しては、サビてボロボロになる可能性もありますので見ておきましょう。

② 瓦屋根の場合・・・約20年程度
→ 瓦屋根は特に割れが起きやすいですので、20年程度を目安にチェックしましょう。
  漆喰も劣化し崩れると雨漏りになる恐れがあります。

その他、下記の様な時期やタイミングでも点検しておくとより安心でしょう。

① 夏の台風の季節や梅雨前の時期など
→ 大雨が降りやすい季節は当然ながら雨漏りしやすくなります。
  できればその前に点検しておきたいところです。

② 大きな地震などが発生した後
→ 瓦屋根では特にズレなどが起きたり、割れなどが発生しやすいです。
  雨漏りする前にぜひ見ておきましょう。
  
以上、屋根部分に関しての雨漏り点検箇所、そして点検すべき時期についてでした。
ガイソー所沢店ではこうした点検や調査も無料で行えますので、
気になりましたらまずはご連絡・ご相談ください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png










飯能市で築40年のお宅の瓦屋根を高所カメラで屋根点検調査 屋根診断


こんにちは!
本日は飯能市での屋根調査の様子を見ていきましょう。

変換 ~ 飯能市 下屋根・外壁塗装、ベランダ設置工事 現地調査 (17).jpg

こちらのお宅は飯能市にある2階建ての一軒家になります。
家の傷みが酷いのでリフォームの相談をしたいとのことでした。
そのため、ガイソー所沢店の社員がお伺いし、現地調査を行います。
調査は屋根、外壁、そして付帯部と呼ばれる屋根や外壁以外の部分も
傷みや劣化がないか念入りに確認し、必要と思われる補修や
リフォームなどを検討、見積もりをお出しするようにしています。



まずは屋根調査から行っていきます。
ガイソー所沢店では直接はしごなどで屋根にはのらずに、
ドローンや高所カメラを使用して屋根には触れずに、
傷めないように配慮しながらチェックします。
既存の屋根は写真のような瓦屋根のお宅でした。



より近くで撮影した写真になります。
瓦屋根の形状は日本では一般的なJ型の瓦ですね。
瓦には他にも平らなF型、洋風なS型などの形状もあります。
耐久性が他の屋根材に比べて高い瓦ですが、
その分重量があり地震などではその重さから
建物への負担が大きいと言われています。
写真で見る限りではそれほど傷みはなさそうでした。



もっと近くで撮影してみた写真になります。
築40年とのことですが、さすがは瓦の耐久性です。
色褪せこそ多少ありますが大きな傷みはありません。
割れもありませんでしたので、今回大屋根はリフォームは
しないことになりました。

ガイソー所沢店ではこうした屋根調査、診断、補修工事を
所沢市、入間市、狭山市、飯能市、日高市、川越市などの各エリアで行っていますので、
お気軽にお問合せください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店