ご自宅の屋根の種類は?屋根材の耐用年数について 飯能市


みなさん、ご自宅の屋根の種類は把握していますか?

屋根材によって耐用年数が違うってご存知でしたか?

スレート.jpg

スレート(コロニアル・カラーベスト)耐用年数

メンテナンスをしていた場合 約30~35年
メンテナンスをしていなかった場合 約20年

表面が塗装されており、この塗膜で雨水が染み込むことを防いでいます。

定期的に屋根塗装してあげないと、耐用年数はかなり短くなってしまいます。

染み込んだ雨水が乾燥や凍結するときにスレート自体が収縮を繰り返すからです。

新築から8~10年で塗装するのをお勧めします。

さらに経年劣化で塗装では難しい場合、割れや欠け等が広範囲にわたる場合、雨漏りしている場合には全面的なリフォームが必要です。

築13年 屋根の塗装が剝がれてボロボロなので点検してほしいとご相談をいただきました。黒い塗膜が剥がれ落ち白い素地が見えてしまっていますね。

Before

ブログスレート既存saizu.jpg

このままでは吸水して劣化が進んでしまいますが、ほかに破損や雨漏りなどは見られなかったので再塗装をご案内いたしました。

After

スレート 塗装saizu.jpg

新品のような輝きを取り戻した屋根を見てお客様にもご安心いただけました♪

瓦屋根
瓦.jpg
粘土瓦(いぶし瓦・素焼き瓦)
塗装の必要はなく40~50年以上

セメント瓦・コンクリート瓦
メンテナンスをしていた場合 約20~30
していなかった場合 約20年

瓦といってもさまざまな種類があります。粘土瓦の耐用年数は40~50年以上で塗装メンテナンスの必要もありません。


コンクリート瓦、セメント瓦は保護するために塗装の必要があります。

kawara2.jpg

金属屋根

現在金属屋根として主流のガルバリウム鋼板はトタンよりもサビにくく長持ちですが

やはりメンテナンスするかないかで耐用年数は大きく変わってきます。

ガルバリウム.jpg

塗装が色あせてきたり錆が出始めたら広がる前に補修や塗装をしましょう。
トタン.JPG



↓ 塗装の剝がれやへこみのあるトタン屋根をガルバリウム鋼板でカバー工事しました
reason-yanekouji_r_044.jpg

ガイソー所沢店では無料でお見積り、ご相談承っております。
お気軽にお問い合わせください。

gaiso.png
gaiso2.png

狭山市の皆様へ スレート屋根とガルバリウム鋼板屋根の比較


こんにちは!


本日は、スレート屋根とガルバリウム鋼板の特徴を比較していきます。

スレート屋根.jpg


スレート屋根
...スレートはセメントを薄い板に加工した屋根材です。
デザイン性が高く、薄く軽量で耐震性に優れているのが特徴であり、
現在、日本の住宅の屋根材として最も多く普及しています。



6f2ddc9d04e579900c6531f159106ce3_t.jpg


ガルバリウム鋼板屋根
...ガルバリウムという合金でメッキされた鉄の屋根材です。
鋼板を基材にアルミや亜鉛から構成されており、耐久性が高いのが特徴であり、
2017年以降、新築において一番用いられています。


afba2736e708dc121e8960add37f4ffa_t.jpg


ガルバリウム鋼板屋根とスレート屋根を比べてみましょう。

<費用>
屋根材の価格
スレート 4,200円/㎡~
ガルバリウム銅板 6,820円/㎡~

リフォーム時の価格
スレート 6000/㎡~
ガルバリウム銅板 7000/㎡~

コチラを比較すると、スレート屋根の方が費用は安く抑えられますね。

<重量>
1㎡あたり
スレート 18kg/㎡
ガルバリウム銅板 5kg/㎡

重量においては、ガルバリウム銅板の方が軽いので、
建物にかかる負担が少なく地震が起きた際に倒壊する危険が軽減できますね。

<耐用年数>
スレート およそ10~20年
ガルバリウム銅板 およそ25~35年

耐用年数は、ガルバリウム銅板の方が長くなっています。
そのため、スレート屋根の場合にはメンテナンスの頻度が高くなってしまいます。

<デザイン性>
スレート 無難な色からレッドやイエローなど、カラーバリエーションが豊富です。
     また、形状も多くの種類があります。
ガルバリウム銅板 色や形状は、スレートに比べると非常に少ないです。

自分好みのデザインや色にしたい場合、選択肢が多いのはスレートになります。


fc803a952b22054cf3fe94660273b569.jpg


ここまで、スレート屋根とガルバリウム鋼板屋根の比較をしてまいりましたが、
いかがだったでしょうか?


屋根でお悩みの事があれば、ガイソー所沢店に
是非一度ご相談ください♪

gaiso.png
gaiso2.png

強風にも強い高耐久屋根材にてカバー工法による屋根補修リフォーム 所沢市


こんにちは!
本日は所沢市での屋根カバー工事の様子を見ていきます。

変換 ~ 所沢市 屋根カバー・外壁塗装 カバー工事 (1).jpg

今回リフォームすることになりましたのは、こちらの所沢市の
築17年の住宅になります。屋根はスレート屋根で色褪せが酷く、
外壁もひび割れや汚れがありましたので、屋根はカバー工事で、
外壁は塗装リフォームをすることになりました。
屋根は既存の棟板金を取り外して、写真のように新しい
下葺き材を施工してカバー工事に入っています。



下葺き材として使用しているのはカッパ21という
高耐久の改質ゴムアスファルトルーフィングシートです。
アスファルトとあることから分かるように、道路にも使用されている
アスファルト材が使われていますので、耐熱性や耐寒性もあり、
防水性も高い下葺き材になります。
その上から今回新しくFSストーンという屋根材を取り付けていきます。



FSストーンは福泉工業社という企業が開発した
ストーンチップが表面に施工された高品質な屋根材です。
基材にはGL鋼板が使われているため耐久性も高く、
ストーンチップの粒自体が他社製に比べて丸みがあるため、
砂塵やホコリなどが付着しにくくなっているという利点もあります。
また、独自の固定方法でしっかりと施工しますので、強風にも強いです。



最後に棟板金部分も施工して、今回は換気棟も取り付けます。
換気棟は写真のように屋根内部から外部に籠った湿気や熱気を
放出できるような隙間を設けておき、雨漏りや結露の原因となる
湿気を放出する役割があります。

夏場の屋内のこもった熱気や、冬場の結露が酷い場合には、
換気棟などを取り付けてみると解決するかもしれません。
お困りの方はぜひ設置を検討してみてください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png














1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店