外壁の傷みのシグナル

  • 投稿日:2018年 7月10日
  • テーマ:その他


外壁の傷みのシグナル。
毎日何気なく目にしている自宅の外壁ですが、意外にも家を一周しっかり見ることなどほとんど無いものです。
久しぶりに見てみるといつの間にか傷んでいたということもよくあります。
ここでは誰にでも見て分かる外壁の傷みのシグナルになる症状をご紹介します。
あなたの家でも次の症状が出ていないか確認してみて下さい♪

クラック(ひび割れ)  はじめは髪の毛ほどの細いひび割れが発生してきますが、放置しておくと太くなり
            壁内に水が廻るほどになっていきます。窓の廻りや建物の墨から発生しやすい。

20180710-tsama04.JPG


20180710-tsama02.JPG

チョーキング      外壁を触ると手に白い粉がつく現象をいいます。紫外線劣化により塗膜が粉を
            ふいてきます。チョーキングがおきてくると光沢も大きく損なわれ防水性も失われる
            ため、カビ汚れなどによる汚染も進みます。


20180710-tsama01.JPG

外壁材の浮き・反り   窯業系のサインディングやパネルボードなどは吸水性があるので、塗膜の防水が切れて
シーリング劣化     くると水を吸ったり乾燥したりを繰り返してるうちに浮き上がり反ってきます。
            ひどくなるとボード自体が割れだしてきます。
20180710-tsama03.JPG20180710-tsama05.JPG

ベランダ防水の施工時期
20180710-berandaziki01.JPG20180710-berandaziki03.JPG20180710-berandaziki02.JPG

屋根の施工時期
20180710-yaneziki03.JPG20180710-yaneziki01.JPG



退色         色あせのことです。外壁の塗装は紫外線劣化により年々白っぽく色あせていきます。
           同時に塗膜の防水が切れていることになります。濃い色ほど退色しやすいと言われています


カビの発生      青かび・黒かび・赤かびなど色々な種類がありますが、塗膜の防水性が失われてくると雨水           などを含み常に湿っている状態になります。これが外壁の傷みに繋がります。

爆裂         寒冷地に多い凍結の症状です。外壁がボロボロに剥がれ落ちてくる状態を指します。

サビによる腐食    金属系外壁材はサビによる腐食に注意が必要です。真っ赤に錆びてくると再塗装しても素材
           を犯しているのできれいには仕上がりません。赤サビの前段階の白サビの段階でサビを落と           したあと再塗装することをお勧めします。


いかがですか?あなたのお家にこのような症状は出ていませんか?少しでも当てはまる症状などありましたら、
ガイソー所沢店にお気軽にご相談下さい。

次回は施工事例などもご紹介していきます♪


gaiso.png
gaiso2.png
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報